ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

2017-02-10から1日間の記事一覧

侍13

「これで俺たちは、目出度く再会ってわけだな」 留置所には、10人ほどの人が詰め込まれた。5人は同じ牢屋へ放り込まれた。 隣の留置所にはセルバンデスの会社の社員とか、ツェーと、ツェーがチクった幹部とか、いろんな奴が入っているようだ。 ミャオがロン…

侍12

「ミャオは、何で 創華ビルヂングの株で儲けないんだ?奴らが不正やったのを知ってるのは、俺たちだけだよ。 俺はスマホで中国の株のやり方分からないけど、お前はいつもやってるから、ウハウハじゃん」 「アホだな。株価っていうのは、俺たちが不正を知って…

侍11

「セルバンデスさん、このフラッシュメモリどうですか。 この間話した、広州市の、建築会社です。 俺らが襲撃に行って、持ってきた変な絵の裏に入っていたっていうんです。興味ありますか」 セルバンデスは、ロン毛に渡されたメモリを手に取った。 「ほーん…

侍10

ロン毛が買い物に出かけると、ウルスラが外で待っていた。服に少し血が付いていた。 彼はリンチにあった男を、社長の命令で捨てに行ったのだ。 ウルスラは、小さなメモリスティックをロン毛に差し出した。 「何、これ。なんか良いもの入ってる?エロ動画とか…

侍9

ウルスラがインターフォンで用件を言ってしばらくすると、2人の男が出てきた。 高そうな服を着た、身ぎれいな男と、ボロボロになった男。 「こいつ、外に捨ててきて。どこでもいいから、1時間くらい走らせて、山の方に捨ててきて。人目のつかないところ。…

侍8

「取られた金を取り戻しに行ってきます。しばらく帰りません」 紙切れがテントの奥に置いてあった。日本語で、ノリの字が、タカには分かる。 本来、タカの目にしか触れなかったはずのものだ。 「こういったら悪いんだけど、ノリが金を持って逃げたと思うんだ…

侍7

「ハシダさん」 リンが、怪訝な顔をしてタカの部屋を訪ねた。 不穏だ。気を付けていたつもりだが、何か粗相があったのか。 タカは胸騒ぎがし、呼吸が浅くなった。 「ハシダさんの知り合いと言う人が、会いに来ています。 ハンさんと言うんですが、会いますか…

侍6

「俺はロン毛が怪しいと思ってる」 ロン毛、長髪だからロン毛と呼ばれていた。あの中では、一番のイケメン。 現場で汚れた服を着て居れば、女からドブネズミみたいに見られるから、イケメンでも意味がないんだけど、 ノリはロン毛を詳しく思い出そうとした。…

侍5

ウルスラは朝のメッカへのお祈りが終わり、携帯用の絨毯を畳んでバックに戻した。 いつか金を貯めて、現場のメッカに巡礼に行きたい。 それは中国の奥地に生まれたイスラム教徒としては、平凡な、言いようによっては、むしろ陳腐な、希望だった。 メッカへ行…

侍4

タカは死体を埋めた後、しばらく仕事が途切れた。 失業して、闇屋の事務所みたいな部屋に上がり込んでいた。 綺麗な家ではないが、人がたくさん入るだけのスペースがある。ただファイルキャビネットや書類が積み上がっているので、足の踏み所は少なかった。 …

侍3

この辺は100個以上のテントが張ってある、スラムと化した地区だった。 もちろん、街の浄化とか、施設の建設とか、何か理由があればいつでもテント群は撤去される。 そのリスクを勘案しても、逃げて他の場所を見つけるのに、大した荷物もないし、 街中なので…

侍2

日本人、ウイグル人(ウルスラ)、どこかの難しい名前の田舎から出てきた奴(ミャオ)、四川人が1人(ハン、ロン毛)。 ノリは横にいる従業員たちを見て、この中ではロン毛が一番イケメンかな、俺は三番目くらいかな、と考えたが、 仮に自分が一番のイケメ…

侍1

今回は少し危ない仕事だけどいいかな?と言われて、 タカは断ればよかったと後悔したが、遅かった。 そのときタカには仕事が無かったし、 前回は相場の2倍の職場を斡旋してくれたヤンさんの言うことは、断りにくい。ヤンさんは闇屋だった。 闇屋というか、…

1984(女)6

「世の中に、平和運動があるのに、子供を作らない運動が無いのは可笑しいよ。 現代の戦争の多くは、人口過剰から起こってるのに、地球の満員電車は野放し、資源を巡って殺し合い」 「現代の日本は、徴兵も無いし、集団レイプも無いやん、過去みたいな」 「で…

1984(女)5

サッチーは生きる意味を探していた。 子供を産む機械以外の意味を。 「自分探しは犯罪です」などのポスターが、方々に張り出されているが、もっといい方法があると思う。 生れた子供にすぐロボトミー手術をするか、日本人を全員ロボットに置き換えるか、日本…

1984(女)4

女児は、アヤの部屋で、黙って買ってきたコンビニの弁当を食べると、コタツでテレビを見ていた。 「あーあ、誘拐だな」 「誘拐犯にされくないなら、帰る?ここにいると、通報されたときに、共謀したとか言われるよ」 「声かけようよっていったの私だし。何か…

1984(女)3

群れる女に共通の話題は必須だった。サッチー、真帆、アヤ。 恋愛や結婚に興味のない3人は、一般人にハブられ、必然的に寄り集まった。 「自家発電、コレ最強」 「真帆は、男の人、面倒くさいんだ。それは堕落じゃない?」 「じゃあお前は、堕落してないの…

1984(女)2

「ポポポポポポケポケケ」「ポケポケー」 痴呆の防止に良いとして、ポケポケモンというゲームとアニメシリーズが流行していた。 医学の進歩で、実現可能な寿命は150歳を超えた。 ここの老人たちは、ほとんど表情がない。体のどこかに、何らかの管がついてい…

1984(女)1

「かつて、自分探しという言葉がありました」 赤子を抱いたモンペの女性が滔々と視聴者に話しかけている。 彼女の顔立ちは、かなり、綺麗だった。 1万人のオーディションで選ばれたという噂だった。 財政界の子弟が混じり、裏金が飛び交ったとか言う噂も。 …

選挙賭博は、都民ファーストに引き継がれたんで、どうでもいい。

支持者に異分子が混在し過ぎなのは、 都民ファーストに引き継がれたんで、アベッチの件は影が薄くなりました。 もう内ゲバとかする時代ではないから、どうでもいいんですが。 ninjaid2000.hatenablog.com 握手券を買わなくても行かなくても、毎日見れるアイ…

日本国連派(注釈)

コレはあんまり、額面通りには受け取れないんですけど、見た目は、多極化(グローバリズム)×地主(不動産王トランプ)、です。 www.newsweekjapan.jp www.newsweekjapan.jp wired.jp 日本は親米国家で、アメリカの犬です。 カラードを使って、アメリカに謀反な…

日本国連派14

日本の大学は、留学生の交換などに支障がでないよう、9月入学制になり、2月の大学は閉まってなかった。 キムと朴たちは、始業時間前から最前列に座っていた。 「キミたちは、せっかくのお祝いの翌日なのに、こんな前列の席にかじりついていていいのかね。 …

日本国連派13

こういうときは、浮かれ騒ぐ人と、稼ぎ時と捉える2つの人種に分かれる。 もちろん、イベントなんか、まったく気に留めずに働く人もいれば、家で寝ている人もいた。 「天皇誕生日っていうか、ほとんどハロウィンじゃないですか。こういうのって、どうなの」 …

日本国連派12

ミハイロビッチ宅で開かれた、天皇誕生日を祝うパーティーだったのが、人々の話題は、酒が入って変な方向へ進んでいた。 「ココらで一発、ジュニアアイドルの世界っていうのを、みんなに教えてあげるよ」 ユカとセリーナは、正装すると、やっぱり可愛かった…

日本国連派11

ソヘイルはサッカーイベントのテロを事前に防止した功績で、都知事じきじきに表彰を受けた。 暴徒の持っていたのは、火炎瓶みたいな大したことの無い物体だったが、アラブ人のテロ行為が同じアラブ系住人の手によって、事前に阻止された、象徴的意味は大きい…

日本国連派10

「鼻毛っていう政治家が、ドインシネアで接待を受けた」 「接待くらいするでしょう。もし誰も相手にしなかったら、海外を訪問した要人は、路頭に迷って、白タクにボラれて、どこかに連れてかれるじゃないですか。それで、身代金クレとか、官邸に電話がかかっ…

日本国連派9

「お前、俺にこんなところに入れっていうの?お前がいうの?」 アレホたちは、腹いせに、警官たちに絡んでみた。 小菅の留置所は汚くなかった。 アレホは、以前バックパッカーをしたことがあり、やっぱり麻薬取引で東南アジアの某国の留置所に入ったことがあ…

日本国連派8

マイヨールは、キャビネットからレポートの山を出してきて、読み比べていた。 「フーン、確かに同じだね。まあ、僕もしっかり読んでいなかったから。そうか、そうか」 マイヨールはレポートから顔を上げて、キムを見た。 「他にも何か、心にわだかまることが…

日本国連派7

KO大学で国際政治学を教える、マイヨール教授は、 自宅で髪の毛を洗っているときに、黒い小さな塊を見つけた。 授業の時に使う小型の集音マイクみたいだと思ったが、インターネットで調べると、やっぱり盗聴器の形態だった。 マイヨールは、翌日、壇上で生…

日本国連派7

「朝っぱらから変なスピーカーで変な呪いみたいの流すのやめてほしいっていう、周辺住人の声が、あります」 話を聞いている聴衆はハリーフを注視していたが、発言者は壇上の彼から目を逸らした。彼はイケメン過ぎて、真面目に見ていると笑ってしまうのだ。 …