ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学

希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学
希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学
ダイヤモンド社 2009-10-09
売り上げランキング : 720

おすすめ平均 star
star辛口のダメ出しが爽快な気分にしてくれる本。やっぱり日本はダメだ!!
star現状理解で絶望感の底を打て!
star若者よ、これを読んで選挙に行こう

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

いくら雇用を維持しようとしても、それで体力消耗して肝心のパイがなくなってしまったらそれまででしょ?ということのようです。

日本村の人々は、人件費をゴリゴリ削るのはあまり気が進まないので、何とかプロジェクトとか立ち上げてしまいがちですが、そういう税金タレながしてもなんとかプロジェクトとかやっても、無駄と容赦ないツッコミを入れています。事業仕訳で、今更になりました。

俎上に上がる無用の長ものプロジェクトは、ITゼネコンとか、スパコンとか、御用メディアなどです。スパコンは他国は貸してくれないので、多少劣化バージョンでも多目的なので、作ったらいいんでないの?と思うのですが、素人なので、よくわからないです。

終身雇用は使えない人材の墓場=雇用は流動化したほうがマシになるとか。
アンチケインズということでしょうか?90年代の不況対策などによる、ゾンビ企業の延命が、日本経済の目詰まりをおこしているといいます。

輸出がポシャって唯一残された内需拡大では、通信技術なども、今のところ余計な規制が多く、医療や介護などは、ベースが公的保険なので大きく稼ぐのが難しいが、伸びしろは意外と小売りなら残っていると書いてありました。

ところで原発は国策だと思いますが、そういうのには極論で賛成など、よくわからないところもあります。原発にはあんまり希望はないから、希望のないプロジェクトはやってもいいのかな?電力供給はインフラだから別腹でしょうか。

でも、これが本当なら、人口は大幅に減らしたほうが良さそうですが。小売りやるのに、そんな人数いらないし。消費者が欲しくても、給料がなければしょうがないのねんのねんのねん。余った子供世代は、尖閣や38度線に、集団特攻でもさせられるのか。

 

なんとか劇場。

Q:インターネットが元々アメリカの軍事技術なように国家による投資は必要でー

A:トロンはウソです。死んだほうが良いね。

Q:伸びしろが小売りだけって何デスカー?俺は小売りや外食で死ねってことですかー?

A:死んだほうが良いね。

Q:戦後みたいにアメリカが技術を横流ししてくれなくなったら、開発を自前でやらないといけないのでは?

A:意味がわかりません、死んだほうが良いね。

よくわからないものを、おいてみました。よくわからないままフェイドアウト。

池田教授の毒舌とセンセーショナリズムを真似したつもりですが、劣化バージョン過ぎます。ひとまずIQの違いを実感して、さようなら。

 

 

広告を非表示にする