ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

現在官僚系もふ

現在官僚系もふ 1 (ビッグコミックス)
現在官僚系もふ 1 (ビッグコミックス)並木 洋美

小学館 2005-06-30
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starふつーにおもしろい!
star面白く読める官僚入門書
star公務員ものと言うより青春もの

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


青年漫画です。ノリや絵柄が、誰でもたのしく読めそうな漫画ですが、内容の是非は微妙で、官僚のリアルとは関係なさそうです。

エリート揃いの、財務省か何かに、1人だけ要人のCランク大閥で裏口入庁した「もふ」。

同じ大学卒の総理大臣の息子ではないかという噂などがあります。

公官庁(財務省)が、なぜこういう漫画の取材を許容というか、PRに使ったのか興味深いですが。現在完了形などと、受験生などを意識しているのか。

セレブギャグというか、お笑い大蔵官僚とか、もうああいう態度Lは流行らない、これからは茶坊主、という内容です。

ゆるキャラブームなどに乗り、バッシング受けそうなクラスタが、可愛いキャラを装うのは、いいかげん止めろと思いますが。

しかもこれ、世界的じゃないですか。ブッシュとかトランプとか、習近平金正恩ですら、可愛いと言えないことはありません。

官僚のメンバーは、キャリアウーマン、オカマ、みな無理してキャラをつくっているとかいう、普通の会社以上の気苦労を見せるとか、外資とカルチャーが似ている感じもします。

セックスアンドシティとかがファッション業界の醍醐味みたいのからズレていて、男の話しかしてないみたいのに、ノリが似てるというか、茶坊主扱いで、これを読んでも官僚の仕事の醍醐味が、どういうものなのかは、よくわからないと思います。

というか、そういう醍醐味自体が、日本が衰退期にはいって、仕事が経済成長時代の尻拭いっぽくなってくると、ないんですよ、という、深刻な内容なのかもしれない。

官僚になるようなエリート層は、まあ漫画なんか真に受けないからいいと思うんですが。

そういう意味では愛人ネタなどの多い、漫画の島耕作(家電メーカー)も、あまり仕事にやりがいはない、というアナウンスだったのでしょうか。

広告を非表示にする