ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

踊ってはいけない国、日本 ---風営法問題と過剰規制される社会

踊ってはいけない国、日本 ---風営法問題と過剰規制される社会
踊ってはいけない国、日本 ---風営法問題と過剰規制される社会磯部 涼

河出書房新社 2012-08-25
売り上げランキング : 72038


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「それにしてもなぜ、アメ村のクラブは一斉摘発されるに至ったのか?
例えば大阪市在住の作家=モブ・ノリオは、11年6月29日付の「東京新聞」で、
元・大阪府知事/現・大阪市長橋本徹による、カジノ誘致の準備としての住宅地と風俗街の分離政策が背景にあるのではないかと推測。
ミナミのライブ・ハウス<ベアーズ>の店長もつとめているミュージシャンの山本精一は、12年7月発行の「ele-king」誌6号で、摘発された店が資金の流れを執拗に調べられていることから、風営法違反は別件であり、いわゆる「暴対法」の強化との絡みを疑っている。
また、あるクラブ・オーナーは、ヒップホップダンスの中学校での必須化のために、クラブの健全化を推し進めているのではないかと述べた」
(P017)

クラブ文化は、享楽的ですが、今の若い人は、ビジネス方面に煽られて攻撃的になっていて、バブル期ほどの客はいなそうです。

クスリも、やるなら、ダウナー系の大麻じゃなくて、アッパー系の覚せい剤が多い。

ヒットチャートはAKB48じゃジャニーズに客を取られ、流行は意識高い系に客を取られています。

昔の人はそこまで全力傾けていなくても就職できましたが、今流行に敏感な人はクラブで遊ぶかどうか。

権力は、美術館とかダンスとかサッカー場とか、そういう人美との情操をかき乱す危険物はハコに入れておくと書いてあります。

クラブがクスリの取引の温床になって危険視されるなら、外に出しておけば良いのか。

フジロックみたいな野外や、外から中が見える、ポストモダン建築の透明のクラブとか。

美術品は保存の為に空調が大事ですが、客のおねーさんのミニスカとかは外に出しても問題なさそうだが。

ダンスでカネをとるというクラブの営業姿勢がマズイというアンチクラバーのツッコミに、日本はそのうち通貨大暴落するから、今のうちからクラブを金本位制にして、チップとか飲み物とか全部ソレにして通貨実験にすればいい、パチンコみたいにやれます、と書いてあります。
破綻や預金封鎖の折には、パフォーマンスでおもちゃの札束撒く人はいそうです。

同じように規制されているジャズ喫茶、漫画喫茶は対応として業界団体が、違法コピーはしていないとか、個人情報を取ってサイバー犯罪とかを防いでいるとか、生き延びるための対策をしているのでクラブ関係者も対策しようとか、テレクラ・リンリンハウスや漫画喫茶マンボーのエンタープライズ森下グループがクラブをやったら儲かるくらいのシステムを作っていくといいとか。

ビジネスアイデアがたくさん書いてあるのが、楽しいです。

規制サイドの、警察のインタビューとか欲しかったです。

警察とか軍人は、クラブ行かないのか。彼らは踊るのは嫌いで、安酒場の常連なのか。音楽に合わせて動くといえば、行軍、軍隊行進曲か。それは偏見です。探せば警察官や軍人のクラブ客もいると思います。

新住人から苦情がきて迫害されているようなことが書かれていますが、住宅街にあるクラブというのが、あまり想像できないですが、普通は繁華街にあります。

土地用途規制とかで何とかならないか。クラブは人が集まって騒音とかが出るので、風俗施設でいいと思うのですが。騒音は幼稚園でも出ますが、クラブは幼稚園ほどの必要性、公共性はありません。

アンチクラバーが必ずいうのがクスリですが、その辺の統計(麻薬取引や傷害事件などは、他と比べてクラブではあまり多くない、とか)とかは入ってないです。

海外のようにクラブカルチャーが観光資源になるというが、国と共闘連合にしたら、天下りとか、面倒くさいことも受け入れなくてはいけなくて、今のままで良いよよみたいな反応もあったようです。