ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

「街的」ということ

「街的」ということ――お好み焼き屋は街の学校だ (講談社現代新書)
「街的」ということ――お好み焼き屋は街の学校だ (講談社現代新書)江 弘毅

講談社 2006-08-18
売り上げランキング : 451451


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昔、裏ミシュランという、ミシュランにのってる店がいかにまずくてサービスが悪いか、胡乱に書きすぎ、売れました。

本書は、神戸、京都、大阪という関西圏で、ミーツ・リージョナルというタウン情報誌をつくっていた人が、リクルートのホット・ペッパーなど、割引き券付の情報誌を見て押し寄せるパンピー庶民と違う店通いを指南します。

街のお好み焼き屋がチェーン店と違うのは、近くで取れた食材をその地域の流儀で調理しているからその店のオリジナルです、みたいなおいしい店の見つけ方の秘訣です。

自給自足はお金がかかります。お値段手頃なところが良いというと、スケール・メリットで押してくるチェーン店とかに負けてしまうので、文化臭を加味して良い店を守ります。

スノッブなところもあります。例えば客の消費生活について細かいアンケートをとって会員にするかどうかを決める鼻持ちならない会員制の店があるというと笑ってしまうけれど、それを悪くないものとして紹介しています。

貧乏くさいタイトルなのに、ハイソな遊び方について書いてあり、ギャップがあります。アマゾンには、私は、貧乏ですが、コンビニのパン上等、金持ちロハスとか調子にのるなコラ、みたいなコメントが載っています。

客側が金余りで、お上りさんで、1980年頃のバブル期に、ブランド店に特攻していたような行動にでられなくなったのに対応します。

お店の評判は、インターネットで細かく情報交換ができるようになり、田舎者の集団行動を誘発していた、グルメ番組なども死んだかもしれません。

表通りにチェーン・ストアしかなくなってしまったら、その街は植民地ということに、なるかもしれないですが。なる、というのがこの本の立場です。スノッブなお客は、営業時間が9時から5時とか、やや窮屈な思いもしないといけないとか、スローフード寄りの思想です。

窓口が3時に閉じる銀行はスローフードなのか、時間外に開けても採算取れないからシカトしているのか。24時間銀行が出来ても、預金は移ってこないのか。最近はインターネット、コンビニ銀行みたいなものとか、ATMがあるからいいですが、そうなる前の、過渡期にも、銀行はやる気がなかったです。

人材をギリギリまで酷使している外食業界は、そんなカオスの中でどうなっていくのか、本書は労働者、店サイドにやさしい指南本です。

地域の人は、労働者であり、消費者だから、という生態系、回り回って因果は糸車というか、そういうサイクルを大事にしています。

広告を非表示にする