すみま千円(漱石のほう)

レポート置き場かな?宜しくお願いします。

アイデンティティの音楽―メディア・若者・ポピュラー文化

アイデンティティの音楽―メディア・若者・ポピュラー文化
アイデンティティの音楽―メディア・若者・ポピュラー文化 渡辺 潤

世界思想社 2000-12
売り上げランキング : 179622


Amazonで詳しく 見る by G-Tools

 


21世紀の日本の音楽はAKB48のようなスカカルチャーに吸収されてしまいましたが、20世紀は熱かったようです。

 

ポピュラー音楽は資本主義の奴隷なのか。
ロックはいつ、どうして「死んで」しまったのか。
ポップの戦術とはなんだったのか。
ブラック・ミュージックの「黒さ」とはなにか。

こんなことが書いてあります。
ポップス、ダンス、ラップ、レゲエ、 ジャズ、R&B、各ジャンルのルーツを知らない人向けです。

 

今の人は、日本という音楽の僻地の生まれで、70年代以降の生まれで、こんなこと知りません。
壁を壊せ、壁を壊せ、いう叫びは、東側に流れて、

中国だと、今の人たちはお金儲けばかりで、自分たちのアイコンがないといい、西側から輸入したロックで一世を風靡する、人気ロックバンドなどがあったそうです。


ブルースやロックなどは、黒人文化やヒッピームーブメントから出た反抗のツールが、商業資本に利用される矛盾を当初から背負っています。広めるにはインフラが要るから。コンサートの許可、機材。

 

今ではミュージシャンがチャリティーや社会貢献を呼びかけたり、大統領や王室がロックコンサートを主催したり、反逆のイメージは薄れているそうで、懐かしいとかいいながら、ロックを聴くのは廃頽なのか。

 

この教授のゼミ生で、そういうことを踏まえつつ、歴史とかどうでもいい、僕たちは気に入ったものをジャンル聞きするのみです、とか言われてショックだって。

リアルな音楽を体験してきた世代(教授)と、マスプロのCDラックからひろってきてジャンル聞きしている若い世代(ゼミ生とか)

 

今の方がタイトルの、個人のアイデンティティは出ているかもしれない、昔のはただのマスが乗った流行で、現代人のようにラックから取り出してきてコアに聞くのは本当にその音源が好きな証拠、とか。

 

ジャズやブルースは苦役に耐える日々を慰撫する渋みの入った音楽で、
ルーツと好みがあわないこともあるだろう、黒人だけどヒップホップが嫌いとか。

オバマ元大統領とか、彼は貧困地区では育ってない。

 

社会を呪うパンクに、アフリカへの回帰を呼びかけるレゲエ、次々に新しいジャンルが誕生します。

音楽がテレビに登場するのはMTV、マイケルジャクソンやマドンナなどの、ダンスミュージックやガールズポップなどが出てくる80年代辺りまでの流れが、収録されてます。

 

21世紀に新しい音楽ってでる可能性はあるのだろうか。

90年代の、テクノとかワールドミュージックバーチャルアイドル初音ミクの曲をネットで共同制作とか。

JPOPは大したオリジナリティないけど、パクリの音源みたいの、豊富な方で「音を聞いて笑ってしまう」

ベートーベンの運命はバラエティの定番だし、国民保護サイレンのリミックスとか笑ってしまう。