ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

偽ブランド狂騒曲―なぜ消費者は嘘を買うのか

偽ブランド狂騒曲―なぜ消費者は嘘を買うのか
偽ブランド狂騒曲―なぜ消費者は嘘を買うのか サラ・マッカートニー

ダイヤモンド社 2006-10-27
売り上げランキング : 103960


Amazonで詳 しく見る by G-Tools

 


偽ブランドはあまり取り締まられていなくて、ベースにあるブランド崇拝自体が大事で、もっとお金を持つようになったらステップアップして本物を買ってくれる見込み客なので、野放しにされているようです。その辺はケータイとかウィンドウズとかの模造品と同じです。

偽ブランドは中国とかでもつくっていますが、モーリシャスとかの観光地で、売っている屋台のものが全部偽ブランドという、偽ブランドランドみたいなところも取材しています。バッタ店どころではありません。

日本ではバッタ屋が摘発にあいますが、そういう買えるけどセコく節約しているようなところは取り締まられるという仕組みのようです。

海外(欧米)のティーンもブランド好きで、本物に手が届かないので、ハナから1000円くらいで例えば偽物のバッグなんかを買うそうです。で、海外(欧米の)ファッション雑誌には、偽ブランドの通販等が普通にのっているとか。


向こうでは、そういう貧乏人の開き直りが許され、芸能人とかモデルが(下のほうの人かもしれないが)、普通に偽ブランドをつけて、宣伝しているとか。日本人みたいにムシられたりはしないようです。これからは、中国人とかもムシられていそうですが。

 

そういう偽物はオンラインオークションのEBAYとかにたくさんでてるが、監視員がパトロールしてるのでしょっちゅう取り消しになり、落札できないことが多いとか、筆者も試してみたようですが、取り消されたと書いています。

 

ブランドものは、確かに手間とかかかってるだろうけど、通りがかりの他人がラベルまで確認するでもないし、周りが気にしていなければ、誰も気にしないかもしれません。

でも、あまりに似ていたらアウトなので、嘘ブランドには嘘ブランドのルールがあると思います。10人いたら3人くらいが本物と気が付かないレベルの、あからさまに嘘くさいパチモンしか許されないようです。