すみま千円(漱石のほう)

レポート置き場かな?宜しくお願いします。

トゥルース or デア 密室デスゲーム

トゥルース or デア 密室デスゲーム [DVD]
トゥルース or デア 密室デスゲーム [DVD] リチャード・ジョンズ

アルバトロス 2012-07-04
売り上げランキング : 117382


Amazonで詳し く見る by G-Tools

 

 

トゥルース&デスは、ワインボトルをクルクルまわして行う、向こうの王様ゲームみたいなものです。普通にやると、1番と3番はセックスしろみたいな、学生のパーティーの悪乗りです。どういうときに使われるのかは、知りません。

欧米は、接待の宴会芸の無理強いとかないし。

あるんですか?

 

 で、この映画では、それで自殺者がでます。インポなことをバラされたとか、この辺からB級ホラーギャグの気配が漂い始めます。

自殺された弟の兄が、狂気の軍人で、弟の自殺の原因になったパーティーを催した遊び人集団へ、復讐に出ます。彼はイラクの帰還兵なので神経もイッていて、残酷なことに麻痺していて、2回目のデスパーティーを招集します。

 

曰く、ヘタレインポみたいな葉書を送って弟を自死させたのは誰なのか、筆跡かかせれば一発とか、ツッコンではいけないですか。やや納得いかなし。

 

で、自分がやったのでなければ、誰がやったと思うかを告白させ、アヤシイ奴を殺すか、庇いあっていれば全員殺すか、凄惨な総括タイムがスタートします。

と思ったら、けっこう互いにユルくかばいあってて、乱交パーティー集団が、意外といい人なのは、日本のゆとりドキュンが憎めないのと似ていますか?

 

この映画は、乱交パーティー集団と生真面目な軍人という、普段同じ空間にはいないコミュニティ同士が醸す、よくわかんない雰囲気がイイです。

このよくわかんない雰囲気のせいで、行方が読めないです。捨てキャラがバレてしまいがちなホラーとしては、ポイント高くないか?

誰かが弟のインポをネタに、親の投資家からカネを引き出していたとか、新しい事実がでてきて、飽きないですが。

世界へのイメージにやたら気を使うイギリス映画、ここまで黒いのは珍しいです。

 

軍人がイラクの拷問で使ったと嘯く、酸テストとかグロいです。閲覧注意です。アシッド・テストは厳しい試練みたいな意味だと思いますが、ここでは酸テストと訳されてて拷問の中身が、分かりやすい。怖い。