すみま千円(漱石のほう)

レポート置き場かな?宜しくお願いします。

アジア系アメリカ文学―記憶と創造

アジア系アメリカ文学―記憶と創造
アジア系アメリカ文学―記憶と創造 アジア系アメリカ文学研究会

大阪教育図書 2001-07
売り上げランキング : 833696


Amazonで 詳しく見る by G-Tools

 

男性がだと、アジア系は小柄キャラで男としてみてもらえないとか、昼のメロドラマの召使みたいな役しかまわってこないとか、彼女と歩いているときに、何あのチンクみたいなことをいわれて、相手を刺してしまった、みたいなことが、アジア系アメリカ文学には、書かれてるらしいです。

 

WW2の日系アメリカ人収容所とか、従軍慰安婦もあります。

女流のアジア人がうけるからという理由で、そういうものばかりが出版されたり。

日本人ジョークなどと同じで、書いてあることはステレオタイプで、ここから抜け出す新しいネタを、誰か英語の上手な人が書くといいと思いますが。

 

何何系文学、というのがアメリカ人の色眼鏡そのもので、海外在術の日本人なら、何何系文学と括れない、カズオイシグロの道もありそうですが、

英語ネイティブな人にしか関係ないですが。翻訳モノなら、村上春樹とかだし。

 

アメリカを意識してきた戦後日本文学、日本人と黒人とのファックを描く山田詠美とか、基地とサバイバルの村上龍とかはどうか。

日本をアメリカの植民地と見なせば、日本文学はアジア系アメリカ文学といえないことはない?

matome.naver.jp

 

日本に住んでいると、中途半端にアメリカに植民地化されていると感じますが、かといってアジア人がアメリカ人になってしまうと、それはそれでツライのですよ、

それから私たちは日本という島と違い、バラけていて孤独も深いですよ、という感じのことが書いてあります。

うろ覚えですが、そういう印象です。