ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

危険な世の中を上手に渡る心理術

危険な世の中を上手に渡る心理術
危険な世の中を上手に渡る心理術 内藤 誼人

河出書房新社 2009-01-16
売り上げランキング : 952805


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

アマゾンで人気があったので何となく、小心者なのにリスクテイカーなので手に取ってみました。
危険な世の中をうまく渡りたい人向け、そのままです。

「水曜日はブルー」とか。
「浮気のコツ」とか。
「どこからがセクハラか」とか。
「起業はやめろ」とか。
「度胸をつけるなら賭け事をする」とか。本当か。

人の射幸心に焦点をあてた書物のようです。リスクをとりまくっている人からコツをききだすとこうなるのか。

してみると賭博目次録カイジなんかは理論派なのにくらべて、背後に何かロジックとかないのかよ、とか、参考になりませんでした。リスクテイカーの人は地雷を踏まないためにどうか。

女はやらないけど博打はやるとか、趣味は賭博だけとか、そういう一点投資でないと資金が続かないですが、全方位にリスクテイカーというのも、いるといえばいるのかもしれません。

リスクを取る背景にはその人なりの思想とか、人生の優先順位みたいなものが個々人にあるだろうから、コツだけ抜き出すと、よくわからない感じになります。

起業はやめろ、と書いてある通り、人生をかけたリスクテイクみたいのは全く載っていません。

バレない程度の浮気、訴えられない程度のセクハラ、大金を失わない範囲でのギャンブル、みたいな、人生に適度な刺激が欲しい人向けですが、アナタもやってみますか?

 

逆に小ネタ集で、深刻な本ではない為、どちらかというと友達や家族と笑い読み用です。同僚や上司となると、牽制のしあいになり、微妙です。

 

広告を非表示にする