ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

ミスティック・リバー

ミスティック・リバー [DVD]
ミスティック・リバー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 38456


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 

 

アマゾンに、スタンドバイミーって宣伝は変だと書いてあります。ダーリンダーリン、幽霊になってスタンドバイミー(僕のそばにいて)なのか。人は深いところでは決して分かり合えない。死体を見た人と見なかった人で人生が一変してしまう、逆オチです。

一般的にもどう受け取っていいものやらナアという微妙なリアクションです。しいていば長い。


男性の性犯罪被害は、元々表沙汰になりにくい女性の被害に比べて、さらに隠匿されやすいようです。

聖職者のスキャンダルと同じく、それを正面から描けるようになるまでに紆余曲折があったような感じがします。

映画では、ある地域で仲の良い3人の男の子たちが、遊んでいるところへ不審者の車が来て、1人だけ連れ去られます。

大人になり、友人1のティムロビンスは、そのレイプ事件のトラウマで記憶が錯乱して、やってもいない殺人事件の加害者として自白します。それを、レイプの後遺症を知らない友人2のショーンペンが一方的断罪します。その殺人事件の被害者はショーンペンの娘だからです。

 

でも世の中結構こういう人の天下です。イヤなことは忘れよう、お前がキングです、そういうメッセージですか。結局、冤罪だったことを知って衝撃を受けるショーンペンに、間違って人を殺したっていいのよ、相手が嘘をつくから悪かったのよ、と奥さんが最後に言うのです。

 

どういう状況であろうと、それが自分のせいであろうとなかろうと、心のコントロールを失ったほうが負けです。

が、犯罪被害にあったら、犯人を殺せば気が済むのか、サンドバックを100回叩けばスッキリするのか、心の平穏はどうして保てばいいのか、禅でもすればいいのか、

ハッキリわかってないのでイーストウッドも答えを出せないようです。

 

映画中には、3人の幼友達がいますが、
1、トラウマにとらわれて前に進めない人が一番不幸になり、
2、短絡的に犯行を起こす人が二番目に不幸になり、
3、傍観者として冷静に捜査している人は勝ち組です。

金持ち父さん貧乏父さんか。

実用書を哲学に。


男の世界と性犯罪被害は、あまり相性が良くないような感じがします。

リバタリアニズムの弱者の扱い方は興味深い、不条理と意志が混ざり合った感じか。

 

 

広告を非表示にする