ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書

経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書
経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書 山田 真哉

講談社 2011-12-16
売り上げランキング : 55663


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 

 


平清盛は、平家物語の奢れるものは久しからずの小物イメージがありますが、実は日本の社会システムに革命をおこしたイノベーターだそうです。

日本史では、坂本竜馬平清盛が、二大革命的人物だと書いてありますが、海外と連絡を取り、日本の物流を変えているところでしょうか。

平清盛はゼニの革命を行ったばかりに、滅亡も早かったという、金融工学のようなものか。

世の中にお金を流通させて収入を得るのは、ハイリスクハイリターンであったようです。

悪貨が良貨を駆逐する、偽造のリスクなどを防ぐために、宋銭という外国の銅銭を使ったことが、メリットでもデメリットでもあった、とうようなことが、詳しく書いてあります。

日宋貿易で、誰がどうやって儲けていたのかの、システムなども解説されていますが、現代とはまた違った趣で興味深い。

世の中に出回る物資や通貨の量が桁違いなので、今の世界経済には参考にはならないかもしれませんが、

大型通貨へ保険としての、電子マネー地域通貨などのとかの流行に載りそうです。

作不作の上下動の激しい米や、絹との値段の格差などで、インフレがおこったりするようです。