ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け-

キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- [DVD]
キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- [DVD]
Happinet(SB)(D) 2013-09-03
売り上げランキング : 49009


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 



 

あらすじにほのぼのした筋書きがかいてあったので早送り想定でみたら意外とブラック。おもしろいかつまらないかは、アマゾンで割れています。私はこういうドラマは見慣れていなかったのでおもしろかったです。


リチャードギアはちょっと引退モードというか、キングオブマンハッタンっていうオーラ無いかなと思ったけど、大丈夫なのか。だからこの役なのか。

損益のでている会社をたたもうと粉飾決算して高値で買収合併で買わせてしまおうという悪徳なことを企むリチャードギア社長が、愛人を交通事故に合わせてコッソリ逃げてしまいます。曰くそういうことがバレると合併の件がオシャカになってしまい従業員が露頭に迷うと。

そうしてとぼとぼと危ない橋を渡っていくリチャードギアですが、しかし思わぬ伏兵が現れます。ネタバレなしだとここまでですが、周りに敵が多くて大変だと思いました。
これはハリウッドマジックで日本でやったら安いサスペンスドラマになってしまうかもしれません。
あとウルフオブォールストリートと間違えて借りないようにしましょうと思いました。タイトル似てないか。


このオチはしかし、奥さん棚ボタすぎだろう。「全員悪人ーアウトレイジ」のマンハッタン版ですが。粉飾決算の結末が思わぬところから現れるのが面白かったです。

民法の離婚の条件の規定は欧米から借りたものだと思うが、まあ元の江戸時代の法律でも浮気は女だけNGなどと理不尽な内容になっていたと思いますが。

 

家庭にお金を入れないとかいうのはともかく、こういう大富豪のお金はおおくのつきあに散在しても罰は当たらないのではないかと思ってしまうのだが。
向こうの人はクリスチャンだから厳しいですね。そしてディールが決まれば世間の人の好奇の目にさらされてしまうのでありました。

広告を非表示にする