ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

永続敗戦論――戦後日本の核心

永続敗戦論――戦後日本の核心 (atプラス叢書04)
永続敗戦論――戦後日本の核心 (atプラス叢書04) 白井 聡

太田出版 2013-03-08
売り上げランキング : 1110


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 


文章が上手いからといって、長くかけばいいというものではないが、左翼は、お経みたいの好きだし、お前ら全員、頭剃れといいたいくらい、無駄に長いです。

恐らく論壇デビューするには、知性を証明する必要があって、アマゾンのレビュー欄って本当に便利です。

先の大戦で、日本はアメリカには負けたけど中国には勝っているという勘違いが蔓延っているが、

そもそも中国は戦勝国サイドです、勘違いしなさいで下さい、という本でした。あと原発事故が負け犬国家のダメ押しとか。

書いてあることは、全部事実ですが、なまじ事実なだけに、直截的に書いたら人々の魂が抜けると心配してこうなったのかもしれません。

それで戦争のリスクや永続する紛争が避けられるのであれば、島1つくらい大した領土的損失ではないので、領有権放棄とか、それも一興ですが、島の1つが2つに、10つに、100つに、とならない為に、だからこそ、勝ち負けのフェーズに持ち込んだら負けだと思うのですが。

民族紛争などを抱える中国だって無駄な消耗はしたくないので、中国に首を垂れた方が、防衛費や経済効果などコストが安上がりなのは確かですが、

中国自体が民族紛争や周辺国との抗争をかかえ、下は民主化勢力にかき回され、不安定なので内戦に巻き込まれそうです。

むしろ中国に負けたから永久に上納金とか納めるのが怖くて、アメリカさんにひっついているのだろうし、話が逆です。

アメリカも上納金はキツいですが、中国ほどではないです。中国マフィア(文字通りのマフィア、地下経済で生きている人々)は世界を席巻しているし、普通に怖いです。

これは左側住人の何割くらいが納得する話なんでしょうか。その辺で、日本の世論の行方が変わってきそうですが。戦後の左翼は意外と上から目線で、ODAにせよ倍賞にせよ日本のほうが発展しているから慈悲を垂れようというニュアンスがあって、この先、巨神中国に土下座するとなると、離脱者がいそうですが、その人たちが安倍政権などに流れているのでしょうか。

ただ、石原とか安倍に調子のるなよ、というには良いのかもしれないです。

彼らは空威張りだし、調子にのせられた人たちもロクなことをしなそうです。

毒ギョウザとか、ニーハオトイレとか、そんなものは工事屋に頼むとか、1か月マナー教室にでも通えばすぐに治るし、中国人は、すごい人たちだから、気を引き締めて備えましょう、と言う方がしっくりきます。

この本の論調だと、彼らには負けたし、もう諦めようぜ、ケヒッみたいな感じで、どこかから金もらってると勘ぐられても文句はいえないのではないでしょうか。

広告を非表示にする