ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー

ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー (幻冬舎文庫)
ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー (幻冬舎文庫) 山田 詠美

幻冬舎 1997-06
売り上げランキング : 109253


Amazonで詳しく見る by G-Tools



 


2chに北米版にブラパン(ブラザーのパン助?)というスレがあってかなり荒れているけれど、少しは山田詠美のせいなのか。

社会的には底辺にあった黒人が、人生肯定する為に、身体的魅力やその延長線上にある恋愛を至上のものとして持ち上げる文化というか。

個人的にはつきあう人種によってどうってことは特にないと思いますが、とりあえず黒人とつきあうことをスタイルに押し上げた山田詠美です。

2chの北米版はネトウヨみたいなネカマが入り込んで荒らしているそうです、画面の向こうを見たわけではないので知らないが。

ブラパン同士はイケメン黒人などを巡ってギスギスしているのだろうか。

ここに書いてあるのは、あくまで山田詠美の恋愛のスタイルで、連れて歩く恋人のランクで見栄を張りあったりすることについて、羨ましいとは思えませんでしたが、文章は上手いです。

彼女は恋愛するたびに1つの小説を書くのだそうで、いろいろ自意識過剰ですが、良いんだよ、上手ければというかんじ。

ステレオタイプとかそういうことをいえばキリがないですが、日本では黒人とつきあうことはまあマイナーだし仕方がない。

ただ日本人だと、向上心のある人はみんなサラリーマンになるので、こういう生態系は出現しにくいかもしれません。

向上心のある人が全力でパーティー文化、それも救いがないですが。