ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

ニーチェの馬

ニーチェの馬 [DVD]
ニーチェの馬 [DVD] タル・ベーラ

紀伊國屋書店 2012-11-24
売り上げランキング : 14843


Amazonで詳しく見る by G-Tools



 


何故ニーチェなのか、カントやデカルトではいけないのか、誰もアマゾンで解説してくれないのですが、

近隣の人もいなければ、映画には映りませんが、イモ畑と井戸が1コあるだけです。

神は死んだ!か?何の救いもなく放置される貧乏な父子、無為な毎日、そんなものがタラタラと映されます。ニーチェの狂気なんかどうでもいいというような人がみるような映画ではなさそうです。

じっとみていても退屈しない計算しつくされた映像のような気もしないでもありせん。

神が死んでいても生きていても意味がない状況です。

こんな意味のない暮らしをするために人はどうして生きているのか。

もう少しいい土地に旅しにいくとか、何かないのかしらん。そうするとだいたい大陸では戦争になったりして物騒なので、僻地に暮らさざるを得ないのか。

水が井戸で火を焚いている、いつの時代のことかわかりませんが、このイモをたべて井戸から水を汲んできて馬にエサをやる以外は何もしない父子が、スクリーンでえんえんと同じ動作をするのを見て、いろいろ胸にしみいるかどうか。

定期的に流れる変な音楽などに麻薬的効果ありか、ジャーン、ジャーンは、一度聞くと忘れられません。

しかし私は彼らの生活インフラが気になり、近所に2人しかいないのっておかしくないかとか、これって生活保護対象じゃないのかとか、自給自足している人って今世界にいないような気がするとかそういうことに興味がいってしまって、気が散ります。

無神論者で有名なニーチェですが、井戸の水をもらった旅行者がお礼に聖書をわたしていくところが、唯一の笑いどころです。水も枯れてピンチなのに聖書なんか食べれられませんという皮肉というか。

渡した方も聖書を持っていたのが不思議なゲスなキャラクターです。

不届きものがいらないからくれてやった感じになっています。この人たちには聖書は必要ないのかもしれません、イモが取れるか、井戸が枯れないかというだけのことが人の生死を分かつ状況において、神は本当にいるのかどうか。

映画自体に動きがないので、映像を基にいろいろなことを自分で考えられる人に向いています。たとえばアマゾンには他にも井戸が生と死の象徴なのだとかいろいろなことが書いてあります。

つまらないとか寝るとか言われていますが、SFX満載のつまらない映画とか陳腐な恋愛ものなどに比べたら、良いと思いました。

広告を非表示にする