ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろ (文春文庫)
勝手にふるえてろ (文春文庫) 綿矢 りさ

文藝春秋 2012-08-03
売り上げランキング : 94882


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 

処女心理みたいなものを書いているようです、その極端さがどうか。


初恋の「いち」と、結婚適齢期に告白してきて、その人で妥協するハメになりそうな「に」の間で揺れる恋心が、ビートのある文体で綴られます。

本の帯に、賞味期限切れの片思いと好きでもない現実の彼氏。どっちもほしい、どっちも欲しくない、と書いてあります。

オタクの男を狙ったような感じもするが、読者欄は女性が多そうです。婚活女子の狙い頃物件として、頻繁にメディアに登場するアニメーター(35、童貞)みたいなイメージ。

これをジェンフリ違反とすると、結婚自体ジェンフリ違反な気がしてくるのでそれはないか。別に、好きじゃないなら付き合わなくても=無理に結婚しなくてもイイジャンというツッコミはいれてはいけないのでしょうか。

ピュアな女子、もしくは理想が高すぎてDTを捨てられない男子などにオススメしてみますか?

 

広告を非表示にする