ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

青春の終焉

青春の終焉 (講談社学術文庫)
青春の終焉 (講談社学術文庫) 三浦 雅士

講談社 2012-04-11
売り上げランキング : 60492


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 


青春は子供と大人の間に教育投資期間をもうけた近代の産物といわれていて、文学はそれに対応しているだけだと思うのですが。

その自明のことをダラダラ引き伸ばしているだけといえばいえると思いますし、

そうはいっても近代日本文学のいろいろな論争などを発掘していてお宝論文ともいえます。要は好みです。
たとえば同じ自殺した者同士の三島由紀夫太宰治と同席したときに「僕はあなたの文章、キライなんですよね」とかいったら「そんなこといって、ここにきてるからには好きなんでしょ」みたいに返されたとか。

海外文学などは射程に入っていないようです。

何だか煮え切らないですが、意味があるといえばあるし、ないといえばない、この論文はそういうことを扱っているし、元々青春自体がそういうもののような気もするし。うーん煮え切らない。

 

広告を非表示にする