ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

私が、生きる肌

私が、生きる肌 [DVD]
私が、生きる肌 [DVD]
松竹 2012-11-07
売り上げランキング : 12046


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 


メーカーと組んで人口肌などを開発して成功している天才外科医が、ヤバイことをしています。

芸術変態映画、さすがスペインなどと、世界にその変態性を見せつけます。

ネタバレするので嫌な人はここでストップして下さい。

序盤中年のイケメン外科医が監禁した娘と寝ていて、うわあ変態と思うのですが、変態性はそんなレベルで済むわけもなく、それは娘をレイプした男のチンコを切って膣形成して、娘ソックリに整形させた相手だったという、とにかく変態度は高いです。

始めに奥さんが自動車事故で亡くなるので、形見にソックリさんを見つけてきたのかと思っていたのですが、そんな生ぬるい話じゃなかったです。

これがラテン系の美談美女だからまた特殊な効果があります。ヨーロッパの伝統なのか、ソドムの市とか。清潔感のある画面に、ファッションなども美しいです。

人口膣が癒着しないように張型を入れて広げていきなさい、とかいう、綺麗な映像の中にウっとくるようなエグイネタが。

スペインのゴヤ賞ということですが、何映画というのか。セクシーの概念の新たな発見なのか、そんなことはないだろうけど。外科医のオッサンは、007のオッサンと似た感じなのですが、スペインの007はこんなんなのか。

肉体改造されたレイプ犯が、豪邸から逃げ出して、近くのブティクに助けて!と駆け込むところは、当たり前ですが、完全に少女です。

タチの悪いレイプ犯に女性ホルモンを注射しているとい噂のアメリカなども、そのうちこういうの来るかもしれません。男女ともに、トラウマ注意報な感じです。

捕まえたレイプ犯などを性転換して、日頃男社会に鬱憤を持っている女性がディルドーでレイプしまくれるイベントでもしたら、どうなのか。

と言われると全男性が恐慌に陥るくらい、トラウマになりそうな映画です。

だって痴漢冤罪とかあるじゃん!とか、いろいろ文句はあると思います。

いずれにしても、防御にせよ、攻撃にせよ、そこまで労力をつぎ込まない、一般人は、変態にはかないません。

 

広告を非表示にする