ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

危険なメソッド

危険なメソッド [DVD]
危険なメソッド [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2013-06-21
売り上げランキング : 7721


Amazonで詳しく見る by G-Tools




ユングフロイトと女性患者の三角関係を描いた変な映画というか、通が褒める、通向けの映画です。ですが、セックススキャンダルなので、素人でも退屈はしないと思います。

ユングだったらフリーセックス王国を築いていたとか、フロイトだったら女性患者に襲われそうになるとか、そういうエピソードが映画的ですが、これは違うようです、2人掛け合わせてスキャンダルの力を弱めてしまったような感じです。SMなどのキワモノネタを投入した割には、全体の扇情度は抑え気味です。

陰気で有名なクローネンバーク監督で、エロシーンなどが微グロではあるかもしれせんが。

ユングはフリーセックスの放蕩な人だと思っていたのでイメージがズレてしまいました、映画では線の細そうな美青年(メガネ)で女性患者に誘惑されまくっています。フロイトのほうは立派にヒゲなんかはやしちゃってあーウオッホンってかんじでカタブツです。

そういう本人たちの性的経験などが、理論には反映しただろうか?フロイトは潔癖というか脅迫観念、ユングはゆるーいかんじの理論が知られていますが。

王は父に成り代わって権力を握り父を追い出して、とかそういう掛け合いのセリフシャレています。

フロイトの後年の説、エロス(性の衝動)と、タナトス(死の衝動)というのは、この映画にでてくる女性精神科医(後輩)の論文の盗用だそうで、史上指摘されていないことで、偉いスキャンダルを書いたそうです。

女性の後輩をめぐる三角関係とか、って実在するんでしょうか、それとも当時はユルかったのか、論文の盗作とか、あまり聞かないスキャンダルですが。

STARP細胞ねつ造疑惑のときに、小保方さんと自殺した教授がデキていたみたいなあやしい遺書がでてきたときは、少し盛り上がりました。

広告を非表示にする