ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

ライン

ライン 幻冬舎文庫
ライン 幻冬舎文庫 村上 龍

幻冬舎 2002-04
売り上げランキング : 110394


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 

 

ラインは、実在するネットサービスのそのラインとは違います。ラインでこんなことを垂れ流していたら、警察に捜査されそうです。精神分析とか児童虐待相談所とかにかかってくる電話とかにしても似たような内容になるのだろうか。
故・飯島愛がこの小説のテクニックをまねてプラトニックセックスを描いたとかインタビューか何かでいっていました。

村上龍が安定したクオリティを発揮している、風俗小説です。
ある空白(電話の会話が見える女)を軸として、周辺を次々にうつしていく、例えば「霧島、部活やめるってよ」みたいな構成をしています、少し違いますが。霧島が学校生活をシークエンスにしたように、電話で語られる、変態や危ない人たちの生態をシークエンスで映していきます。

アブノーマルライフを送る危ない人たち。又は普通に暮らしているけど裏があるとか。そういう人たちの生態に興味がないとキツイかもしれませんが。彼ら彼女らは日常生活ではトラブルがあったり猫の皮をかぶっていたりいろいろあり、知らない人にそれを淀みなく滔々と語ります。まあ、はみ出し者である彼らがこんなに言語能力に優れていたり自分の状況を把握していたりすることはありえないので、これはフィクションで村上龍の筆力が乗り移ってのことですが。彼らは互いにストーリーを展開することもなく、テレクラとか都市生活にまつわる何かという感じです。

広告を非表示にする