ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

日本に古代はあったのか

日本に古代はあったのか (角川選書)
日本に古代はあったのか (角川選書) 井上 章一

角川学芸出版 2008-07-11
売り上げランキング : 429067


Amazonで詳しく見る by G-Tools



 

日本の歴史区分は、日本に古代がないなんてけしからんでし、という人たちによって捏造されているが、中国の中世が3世紀頃から始まっているのだから、連動して中世でいいということです。素人には、その辺の問題意識がわからないです。


京都学派、ライシャワー司馬遼太郎などの史観について触れ、批判で立体的に浮かび上がらせています。

ただ素人目には根拠が薄いように感じられるのですが、歴史学というのはそういうものなのでしょうか?小さなネタを膨らませて一冊書いてみた感じで、ついでに大家の史観を批判しています。

マルクス主義史観の分類根拠は労働形式のみで薄いというのですが、まだマルクス主義史観のほうがこの本より濃いような感じがしました。
東大学派とか京都学派とか、素人にはどうでもいいし、それが何かダイナミックな学説と相まってどうの、というロマンはあまりなかったです。

 

アマゾンには、「諸外国と関西が手を結び、首都にひとあわふかせられるのなら、たいへんうれしい。海外のみなさん、応援をおねがいいたします。私は、関西人魂で、日本史をユーラシア史へ編入させるつもりです。そこのところ、よろしく」という要約が載っています。日本史マニアは裾野が広いので、邪馬台国がどことかマニアックな論点で盛り上がれる人向けです。自分は家畜人ヤプー史観なのでどうでもいいです。

 

 

広告を非表示にする