ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

民法改正: 契約のルールが百年ぶりに変わる

民法改正: 契約のルールが百年ぶりに変わる (ちくま新書)
民法改正: 契約のルールが百年ぶりに変わる (ちくま新書) 内田 貴

筑摩書房 2011-10-05
売り上げランキング : 50152


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 


サブプライムローンスキャンダルで、アメリカの債権法も少し変わったのでしょうか。日本のバブル崩壊後の不良債権処理などは、特例法が多かったのか。

もしくはインターネットやスマホの発達によるものか。

または、多くの海外勢が市場へ参入してくるTPPなどを念頭に置いているのか、わかりませんが、とりあえず100年ぶりの改正です。

最近の、ゲイライトの隆盛はこれとシンクロしているのか、両性は共同して云々、ではなく、同性でも良い、となりますが、2人ペアなことは変わりません。

ポリガミー(複数愛)や共同生活なら、供託とか、宗教団体の運営方法みたいな、他の方法もありそうですが。3人くらいしかメンバーのいない団体もあるだろうし。

民法の作られた当時は、今のような金融やサービス業が発達していなかったので、古い法体系で対応しにくくなっているようです。

100年ぶりの改正というと、100年前といえば、明治維新とまではいかず、大正か昭和初期で、その頃までは、試行錯誤で変えていたのか。

あとは法典の国際競争力がかかれてあり、日本はドイツやフランスのものを輸入したけれど、今度は日本のものを参考に、ミャンマーベトナム民法が整備されていくそうです。

ある国の制度が、どこかの国に採用されたからといって、収入がはいるわけではないし、何が競争力なのかよくわかりませんが、国際取引に、精通しやすいということか。

多くのノウハウで世界の先端を走る欧米と違い、キャッチアップに必死な後発の日本の方が、後進国としては、手本にしやすいと思います。宗教などのクセもないので、意外と取り入れやすいのか。

中国は人治で特殊なので、グローバルスタンダードにはなれないと書いてあります。

で、全体的に、素人にもわかりやすいようにしないと、いろんな取引のコストがかかり過ぎると書いてあります。

分かりやすいに越したことはないです。

法律がバカに分かると詐欺に利用されるという人がいますが、賢い詐欺師がいると、素人が引っ掛かって対処の仕様がないというのもありそう。