ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

死をポケットに入れて

死をポケットに入れて (河出文庫)
死をポケットに入れて (河出文庫) チャールズ・ブコウスキー 中川 五郎

河出書房新社 2002-01
売り上げランキング : 41792


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 


呑んだくれで還暦まで生きてしまったって想定外か。悲喜こもごも、何だか知らないけど生きています。クソクソクソ。

老人のブログとかにもありそうですが、作家なので文章は良いです。

夜中に飲んだくれのファンが押し寄せてきて追い返したりとか。

たまにパーティーにでると、女を引き連れたジャンキーみたいなのが近寄ってきて、この女は本当に俺のチンコを舐めるのが好きなんですよ、そうなんですよ、とか言われて、殴らなかったのが悔やまれるとか、

最近の詩人は世の中をナメているし、なので日課はバカの生息地を避けて競馬に通うとか、そこもバカの生息地ではあるのですが、ボケたジイサンが受付窓口でマゴついて列を滞らせていて怒号の嵐だったりとか。

書くときは自分を磔にし、机の上に十字架がたくさん積んであるとか。

爺さんの日記というので、あまり期待していなかったですが、世の中に出回っている大半の本は読んだというだけあって、何を言っているのか分からないながらも、気を抜くとつい目を通してしまう筆力がさすがです。

アメリカにはガス料金を払わないで警官に射殺された女がいるので、ガス料金は払っておこうとか書いてあります。

 

 

広告を非表示にする