ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

戦争の法

戦争の法 (文春文庫)
戦争の法 (文春文庫) 佐藤 亜紀

文藝春秋 2009-06-10
売り上げランキング : 378664


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

韓国の大統領とか、中国共産党などの歴代王朝に当たるものは、江戸幕府や明治政府、GHQなどです。

そこまでひどい捏造はしないとはいえ、表の歴史には既得権益層の価値観がしみ込み、庶民の虐げられたひどい話はカーペットの下に隠されます。

かといってシールズみたいな運動も、最早、隣の政府と組んだ侵略者でにんともかんとも、

せいぜい労働者は二股でも掛けて利益を引き出せよ、と言う感じでしょうか。

作中では、北日本のある県が、どういう理由か、分離独立を宣言し、ソ連に支配されそうになり、主人公たちが、ソ連兵と元いた地主との間などを、泳ぎます。

江戸時代の昔から、いかに庶民から金を巻き上げて、地元で大きなツラをするかみたいな腹黒い旧家が出てきます。

ロシア革命の農村を露悪的に書いた人の日本版ですが、醤油臭くてウンザリしました。

農協や商店街の補助金などの分捕りで、旧家などがデカいツラをし続けるなど、既得権益を気取るのに、左翼という転倒がありますが。

彼らが役人と組むのはむべなるかな、既得権益にしがみつく人は操縦しやすいです。

国策音頭に乗り、テレビ局に裏金ねじ込んで、日本の伝統とか、素朴な農村とか言っている現実の裏を、清々しいまでに暴露です。

実態を知らないので、そういうことも、あるかもしれないし、ないかもしれません。知らないですが、辛気臭くて面白い本とは思えなかったです。醤油臭すぎ、黒すぎました。

イトマンの内実を書いた本とかに臭いが似ていました。

広告を非表示にする