ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

堕落論

堕落論
堕落論 坂口 安吾

2012-09-13
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 

 

堕落が進化を生むとか言いますが。

表題の堕落論は、敗戦のショックや、それでヤケクソになった日本人の道徳の堕落について、書かれた文章です。

竹やりの精神論や特攻隊で行って負けたのだから、少し堕落してみましょうと書いてあります。

むしろ日本には武士がハラキリをしたり、処女を処女のまま殺してしまった方が良いというような心象があるが、

そういうのは、子供だね、などと、文人のハードボイルドです。

この本を見ると、どうしても右翼=童貞とか思ってしまいます。

日本軍は慰安婦宿とか作っていたし、それは堕落ではないのか、と思います。

落ちるところまで落ち切っても尚生きるのが、本当の生だとか。

ただの現在のエリート向け文章じゃんとか、既視感で目をこすりたくなります。

武士道は報復を旨として草の根を描き分けてでも仇を見つけ出せというが、本当の日本史は妥協や日和見の歴史だとか。

文章そのものも、そういうものが描かれるにいたった状況(敗戦のショック)も想像を絶します。

広告を非表示にする