ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

ロベレ将軍

ロベレ将軍 [DVD]
ロベレ将軍 [DVD] インドロ・モンタネッリ

紀伊國屋書店 2012-08-24
売り上げランキング : 72047


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

イタリアはナチスにヘタレ降伏したので、パルチザン=民衆レベルでの抵抗の映画たくさんあります。市民の反応は割れ、ある人は地下にもぐったり、ある人はナチスの通訳をしたり、イタリア人にもいろんな人がいます。

ザ、いいかげんなイタリアン。

そんないいかげんの極致にある主人公は紳士風の詐欺師で、その辺の人から金を借りまくっていますが、そんなことをしているのでナチスから目をつけられてパルチザンのスパイに抜擢されます。

パルチザンばかりを収容してる刑務所の映像が面白い。カリスマだった囚人か何かの理由で亡くなると、口々にディクタトール(独裁)とシュプレヒコールを上げて、全ての囚人が各独房から食事用のスプーンでカチンカチン言わせて看守を困らせたりします。
で、詐欺師はナチスのパシリをしているうちに、何故か愛国心に目覚めていく。

ラストでパルチザンに殉じてしまう姿には圧倒的衝撃が。

日本ではパルチザン映画なんか無いか、あっても共産党になってしまうので作れないトホホ状態ですが、ソ連崩壊後は転向なさってしまったか。今でも警戒されているのか、コミンテルンの陰謀がどうのこうのという田母神論文が出されたりしています。

でも早々に負けてナチスの領土になったイタリアは、日本側で参戦した半島や満州みたいな扱いなんだろうか。向こうにはパルチザン映画が多くありそうですが、でも、こういう感動作は無いと思いますが。向こうの日本鬼子のように、ナチスをサルのように書くような映画ではありません。いや、向こうにもういう名作があったらコメント欄にでも書いて、どこで手に入るのか書いておいてくれれば、見てやってもいいです、って何でそんな態度L?

しかしたとえば孫文共産党や全部をパルチザンでくくるような妄想ものは絶対につくれにないだろうから、ポジションの違いというのがあります。にわか知識でくだらないことかくなですね。すみません。

広告を非表示にする