ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2011-11-02
売り上げランキング : 3774


Amazonで詳しく見る by G-Tools


変わった映画なので、ボーっと見ていて飽きは来なかったですが、原作自体、あまり一般受けしないです。

そしてテイストが変わってしまっているので、原作ファンからは批判が多いです。

古典の言葉遊びが、映画のビジュアルに変換されているので、ファン層がズレたのは、ガイリッチーのシャーロックホームズと同じです。

大人になったアリスが、19世紀のビクトリア朝の誰が求婚されたとかされないとか、あの人はお金持ちだとかいう、赤の女王っぽい世界に適応できないで鬱々としています。

それでアナザーワールドで戦いに参加して生気を取り戻し、ラストで結婚を断って、貿易商になるみたいになっていました。

大統領選などを、女傑でやった方が盛り上がるかどうか、オッサン同士の狐と狸の騙しあいの方が面白いか。

女性は芸が無くても、年よりのオッサンより吸引力ありますが、例えば汚職の禊で頭を剃った時のインパクトとか。オリンピック汚職森元首相なんかもう選挙民はシカト、え、もうその話はやめろですか?

高橋みなみは今や世界一有名なアイドルです。

ハリウッドもパクっていいです。っていうかパクれ、恋愛スキャンダルで女の髪の毛を剃る、日本だけそんな国だと思われてはかないません。GI(丸坊主の軍人)をやったデミムーアなどもいますが。

で、映画は、アリスとか白の女王とか、登場人物に処女ではあるけど少女ではない、年頃の人々がメインです。近代化、19世紀頃のイギリスなどの性道徳がベースです。

アリスインワンダーランド自体が、子供から大人になることの体の感覚の変成を扱っている為、大人の女性って怖いよ、という映画になってしまっているかもしれません。

今の世の中で女王(貴婦人、専業主婦)という職業自体が何とも言えないポジションにあり、ドレスをまとった大人の女性が、あっちへいったりこっちへいったり戦いを繰り広げているのがシュールです。嫌いじゃないです。

広告を非表示にする