ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

日本の外交は国民に何を隠しているのか

日本の外交は国民に何を隠しているのか (集英社新書)
日本の外交は国民に何を隠しているのか (集英社新書) 河辺 一郎

集英社 2006-04
売り上げランキング : 602930


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 

日本人は国連に大金を払っているのにないがしろにされているというような、何となく被害者意識を持っていますが、事実はとんでもなく逆のようで、下手をすると韓国よりタチがわるいのかもしれません。

日本と国連については、あまりまともな報道がないので、知られていないのですが、タイトルは適当につけたわけではなく、本当に何かを隠しているようで不穏な内容でした。

国連の負担金がアメリカに次いで2位の日本は、その負担金をアメリカよりも滞納しているという衝撃の事実が書いてあります。

そのアメリカは国連の人口対策などに反対する勢力がいるので、国連の負担金を滞納することは政治の一部で、国民によく知られているのにたいして、日本の滞納は、そもそも国民に知らされていないようで不透明です。

国連における日本は、先のイラク戦争に積極的に賛成し、アメリカの忠実な番犬ぶりを発揮したようですが、しかし必ずしもアメリカ追従一辺倒ではないとか。

負担金滞納は、日本が国連で主導権を握るためというのですが、逆に発言権がなくなりそうな感じもするし、意味がわかりません。ヤクザか。

とりあえず政府サイドへの取材などがないので、真意がわからず、唯一、国会の答弁が載っていますが、担当者は、滞納するのは、為替変動に応じて、一番得をするタイミングを狙って払っているから、というケチくさいというか、よくわからない答えを返しています。それも払わないのではなく、いつも遅れて払っているのだからあまり変わらず、アメリカのように国内向けのパフォーマンスという趣向でもないかぎり、周囲の信頼を損ねるだけで無意味です。


日本には国家戦略がないとか不透明とか、外からも中からも指摘されていますが、本当によくわからないので不気味です。

佐藤優の本などを読むと、外務省の行動原理は職員の保身が全てとか書いてありますが、国連でどういう行動をとると、どういう保身につながるとか、ようわからん世界です。

官僚の戦略がよくわからないのに加えて、政府と主権者のパイプ役を果たすはずのマスコミが怠慢なのか。

日本の外交は国民に何を隠しているのかというタイトルですが、で、何を隠しているんだよ、と、結局よくわからないです。

広告を非表示にする