ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

それでも三月は、また

それでも三月は、また
それでも三月は、また 谷川 俊太郎 多和田 葉子 重松 清 小川 洋子 川上 弘美 川上 未映子 いしい しんじ J.D・マクラッチー 池澤 夏樹 角田 光代 古川 日出男 明川 哲也 バリー・ユアグロー 佐伯 一麦 阿部 和重 村上 龍 デイヴィッド・ピース

講談社 2012-02-25
売り上げランキング : 216233


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 


エアー犬とか不死の島とかよかったです。

エアー犬を飼っている人が、探しに行ったりします。エアー犬は始めからいたのかいなかったのか、分からない空気の犬です。

誰かを亡くした人のメタファーだとしたら泣けますが、よくわかりません。

日本の奇跡の成長はエアー犬だったのか、元からなかったのか。

ビックウェーブを待っている波乗りの話は、不謹慎なような何なのかよくわかりませんでした。

これは状況に依存し過ぎというか、公共広告みたいです。

波乗りがビックウェーブを待ってるから何なのか。震災で儲けた株屋とかの話なのか。

が、震災アンソロジーに、これだけ不謹慎な話を投げ込める根性はすごい。

彼は震災後のゆるい空気はあまり得意としていないみたいですが、この絆ファシズムの時代に置いて、新たな毒を望みたいです。

本書はイギリスと同時刊行だそうで、レガシー作家が居並んでいます。

イギリスは、当時から、EU離脱の離の字も流れ始めていたのか、影、形もなかったのか、分からないですが。

広告を非表示にする