ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

投資家が「お金」よりも大切にしていること

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)
投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書) 藤野 英人

講談社 2013-02-26
売り上げランキング : 2901


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

安定株主向けで、デイトレーダーとかには関係無いです。ソロスじゃなくてバフェットだよ、と言う人向けか。

日本でいうと誰やねんな、機関投資家や年金機構か。

儲かりそうな株よりも、良い企業を応援するつもりで、株を買おう、というのが一時期流行ったような気がしますが、そういう基準で投資して勝てるかどうか。

株は美人投票です、自分の好みと一致するとは限りません。

バフェットは好きな企業にしか投資しないらしいが、ストレートど真ん中な好みをしているのか。

ファッションやスマホとかで、俺の好きなデザインはいつも廃止になる、と言う人には向きません。

ただホームレスマネーなどの規模を入れると、ロングテールで落穂ひろいが出来るので、それも変わりつつありそうです。

例えば人嫌いの人がいたとして、彼の目に、日本人が嫌な奴だらけに見えたとしても、広い世界で1人くらいは好きになれる人間がいるのと同じです。マイナー株も母数を広く取れば、きちんと資金が集まります。

 

欧米人や華僑が投資をするのと比べると、日本人は銀行へ預けっぱなしでケチくさい、他人に投資しなさい、と言いますが、

銀行は集めた預金からどこかへ投資しているのだから、同じじゃんと思いませんか。銀行はダメダメになってきているので、個人頑張れということか。

 

例えば銀行だったら、預金者からお金を集めないといけないビジネス・モデルなので、どうしても儲けには辛くなるというのと比べたら、投資家には自分の財産を好きに処分する自由があります。

しかし、銀行は投資で失敗しても、預金者が預けた元本は保障してくれますが、自分で株をやると失敗したときに文無しになってしまいます。

アマゾンに、社会貢献がしたかったらプロジェクト・マネージャーになれと書いてあります。

 

世の中不景気で人々が守りに入り、本当に必要なところまで、金回りが渋くなってきて、その酸欠状態へ、人為的にお金をばらまく、アベノミクスやヘリコプター・マネーなど、効くのか効かないのか分からない政策モデルが取りざたされる中で、

お金持ちがもっと積極的に日本人に投資してくれたら、いいのにニャーというのは、まあわかります。金は墓までもって行けない。