ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

ハサミ男

ハサミ男 (講談社文庫)
ハサミ男 (講談社文庫) 殊能 将之

講談社 2002-08-09
売り上げランキング : 5756


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

良く知られた名作というか、歴代ホラー小説ベスト10とかやると入ってそう。

ミステリの愛好者にはどうかわかりませんが、初心者にはとっつきやすい内容です。

真面目なものよりカオス好きにオススメします。

ハサミ男は美少女を連続殺人して遺体に鋏をつきたてる猟奇殺人者で、ワイドショーでインポの犯行とか分析されますが、そうして現在進行形で猟奇殺人者の行く先を追います。

この本は何と2人目までの犯人が主人公で、3人目の女子高生に目をつけていたところで、別の犯人に殺しを先取りされてしまいます。ハサミ男は2人いたことになります。

それを見て慌てふためく真犯人、見つからないのが身上とはいえ、偽物が出てくると心穏やかではありません。手柄を盗まれたような屈辱感。そこが錯綜しています。

ハサミ男は自分は殺していない3人目の被害者の女性の遺族に興味を持ち、雑誌記者を装って探偵のようなことを始めて、警察の捜査と入り乱れます。

捜査する方と捜査される方が錯綜してわけのわからないことになります。

どこへ転っていくのかわかりません。

またハサミ男のプライベートは怪しく気になります。分裂した人格の「医師」に、自殺なんかしようとしてきみはしょうもない奴だねといわれながら、クレンザーを飲み泡を吹くハサミ男

やっぱり頭のおかしな人でした。

叙述トリックなので、明らかにこれはバレるみたいな伏線は無く、突拍子もない設定が多くて飽きがきません。

最後のほうではハサミ男容疑者が何人か現れ、混乱のラストになだれ込みます。

広告を非表示にする