ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

イエスはなぜわがままなのか

イエスはなぜわがままなのか (アスキー新書 67)
イエスはなぜわがままなのか (アスキー新書 67) 岡野 昌雄

アスキー・メディアワークス 2008-06-10
売り上げランキング : 364342


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

この本は、イエスの変なところを紹介しています。

イチジクの木を枯らしてしまったり、ユダにお前なんか生まれてこなければよかったと罵ったり、故郷で奇跡を行えなかったりとか、聖人としては妙です。

あまり聖人君子の話ばかりだと退屈なので、意外性もあるのかもしれません。

なので、聖書を1人で読むのは危険で、牧師さんが読んでくれるところへ参加するのがよい書いてあります。

キリスト教はアメリカを中心に、カルトがたくさんありますが。

ただ、カトリックの教会も中世に腐敗したことがあり、元をたどればユダヤ教パリサイ派も腐敗して革命家イエスキリストを生んだことがあり、結局、カトリックの腐敗に対して、1人1人が聖書に立ち戻れというのがプロテスタントです。

なので、1人で聖書や他の関連書籍を読む自由があるし、逆に好きな教会へ通って教育を受ける権利もあります。

聖書はお高く留まった内容ではなく、神の怒りで人が死んだり、破天荒で、それが人気の秘訣のような感じもします。

仏典もぎゃーてーぎゃーてーとか寿限無寿限無とか言うのでカオス度はどっちもどっちですが、民衆ウケのテクニックは共通しています。

とりあえず、イエスは神の代理で、砂漠の怒れる自然を反映しているようです。気まぐれです。

砂漠の民の暮らしの、理不尽というか、適当な感じが伝わりますが、後世のヨーロッパ人たちが神学を発展させて、理屈をつけていったのは、まことに骨折り、しかし、そういう世界を支配する法則を知りたい、その執念が後年の科学に集結したのかもしれません。

広告を非表示にする