ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

戦争詐欺師

戦争詐欺師
戦争詐欺師
講談社 2009-04-10
売り上げランキング : 46193

おすすめ平均 star
star日本にも戦争詐欺師はいるか?
star日本政府の対応はどうだったか?
starブッシュ政権ネオコンイラク戦争の欺まん

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 


アメリカのイラク侵攻はなぜ泥沼化したか。911直後、昔の本のサルベージです。

亡命イラク人には山師もいるようで、アメリカはひっかかったようで、失礼ですが笑ってしまいます。

関係者にはいろいろな思惑があるようです。あの件がこう動いたら、出世するとかビジネスになるとか。

対立しているのが「国」ではなく、イスラム過激派というネットワークなので、情報戦となったら泥沼化してしまうとか。


そして地道な取材で、「副大統領室・国防総省」同盟と「CIA・国務省」路線対立、イラク亡命人のガセ情報など、上層部の軋轢が原因に浮かび上がります。

そもそもCIAは、「中東に1人独裁者がいるからって放っておけ、いちいち占領にいくなど、よけいな仕事が増える」という慎重派で、ネオコンに臆病者呼ばわりされているとか。

そういう慎重派のCIAと、ブッシュ政権国防省に多い好戦的ネオコンが対立して、足の引っ張り合いになって、金やフセイン政権崩壊後の地位目当てのイラク亡命者のデマに踊らされたりしてヘタをふんだ、と書いてあります。

本当かどうかわからないですが、

世界の頂点が、原始的な内紛というか、トラブルに悩まされていることが分かり、感慨深いというか何というかです。

どう防ぐ、とかそもそも戦争自体が間違いとか、ここからどういう教訓を引き出していいのかは、わからないのですが。こうしたアメリカのトップの些細なミスで、日本の血税が浪費されて派遣された自衛官などの命が危険にさらされるのだから笑えません。

いちジャーナリストが取材しえたこういったすべての事は、アメリカの上層部は把握していたはずですが、それでもやってしまったということでアメリカ自滅⇒モンロー主義化という陰謀説すら出ている始末です。世の中は分からないことが多いです。

人気テレビシリーズの24とかを見ていても、その辺はよくわかりません。

広告を非表示にする