ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

燃えよ!刑務所

燃えよ!刑務所 (双葉文庫)
燃えよ!刑務所 (双葉文庫) 戸梶 圭太

双葉社 2007-01
売り上げランキング : 440188


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

アメリカや中国でやったほうが、盛り上がりそうな内容でした。

何でって言われても困りますが、日本人ってなんかシミったれているじゃないですか。

燃えよ、ドラゴンのパクリみたいなタイトルを見た時点で、やっつけなのは分かります。

刑務所にはロクな人間がいないので、ロクなドラマが生まれません。

刑務所人口が爆発し、つねに過剰人員に悩む刑務所、という未来シュミレーションです。野放図な少子化対策の行く末か。

民営化ブームは、戸梶さんのツボにはまったのか。今度は刑務所を民営化し、囚人がプロレスの興行などをして採算を取ります。凶悪クラッシャー女とかなんとか、いろんなのがいて、そういうパフォーマンスで経営費をねん出します。

反省なんかするだけムダです、誰も見てません、やめましょう、とかいうテロップが電光掲示板に流れます。

立法過程とか適当にごまかしているところもあって、警察官僚と法務官僚の対立のシーンもよくわからず手抜き気味です。アメリカが本当にやっているので驚きますが。

今のところ、犯罪率とか下がり続けて、犯罪煽りもイマイチ空振りです。日本が破たんしてみないと分からない。

DQNはコンビニでアイスケースに入った程度で程度で人生終わらせられるし、むしろエセ良識が牙をむいて、そのままファシズムになりそうな空気です。

彼は庶民の悪を針小棒大に暴き立てて、これに協力してきたのではないか。

震災ですっかりおとなしくなったトカジーは、元々洋モノカブレだし、中国とかアメリカに留学して欲しいです。

広告を非表示にする