ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ

教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書)
教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書) 本田 由紀

筑摩書房 2009-12
売り上げランキング : 4418


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

本の学校はキャリア教育をせず、偏差値=知能×努力のラベリング機能をが求められてきました。

そして派遣工の増加で、会社での職業教育が減ると、それがトータルなシステムとして成り立たなくなったとか。

キャリア教育は資本の犬だという左翼教師の反論がありますが、

逆に経営者サイドの要望は、礼儀とか、日本人としての誇りとか、ズレたものばかりと書いてあります。が、実現化しつつあるのが不気味です。

世界のアンケートがあり、学校で学んでいることと職業を結び付けて考える人が一番少ないのが日本と書いてあります。

統計データがたくさん載っています。

元々、学校生活は、意味のない集団行動への耐性を作る為にやっているので、

偏差値で採用の目安になればよく、内容はあまり意味がないと聞いたことがあります。

世間の動きが流動的で、次の世代に与えられる職業が何なのかハッキリしないなら、当局は生徒の将来に責任が持てないので、選択の自由を認めてリスクヘッジした方が、大人になってから学校教育に恨みや悪いイメージを持つ人が減るような気がします。

大学まで搾り取られた上に、ブラック企業で酷使されて死んだら浮かばれません。