ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

暗殺者グレイマン

暗殺者グレイマン (ハヤカワ文庫 NV)
暗殺者グレイマン (ハヤカワ文庫 NV) マーク・グリーニー 伏見 威蕃

早川書房 2012-09-21
売り上げランキング : 131729


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

主人公のスナイパーが、前の依頼でアフリカのどこかの汚職政治家の弟を殺してしまい、

そこの大金の動く資源プラントか何かを請け負っている大企業が、フランスの民間の暗殺会社みたいなところに主人公の暗殺を依頼します。

で、主人公のスナイパーは逃げますが、身を隠すのが上手いのでグレイマンと呼ばれているようです。


各国の暗殺チームに狙われて戦うところは、ありがちですが、アマゾンなどではウケています。

CIAが私用に使えるのは、主に途上国で、アジアだとインドネシアとか韓国とかが上がっています。映画にしたら、極大射程よりは面白そうですが。

そのスナイパーを殺すか殺さないかとか取引をする、危ない企業の幹部たちの人を食ったような会話とかは面白いです。

リビアインドネシアボリビア、カザフ、スリランカ等多様な暗殺チームが出てくるものの、それぞれの特徴が書き分けられていないので差がない印象。

広告を非表示にする