ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

神聖モテモテ帝国7


「ノルマンディー上陸するの?勘弁してよ。

ナルシストの集団とは、交渉不可能だよ。

例えば、最も戦闘力の無い集団で例えてみよう。

キリストとかブッダとそのフォロワー、あいつらを止められた奴は世界史に存在しない。

この例は間違っているけどね。ナチスは、そんな聖人じゃないから。

だけど、ナルシストっていうのはとにかく、殺しても殺しても蘇ってくるような奴らだよ。次から次へと湧き出てくる。

おまけに、世界史に名を残したい幻想がすさまじい」

「俺たちだって、けっこうナルシストですよ。世界史に名を残したい幻想だって、負けてません」

ナチスってのは本質的には何が怖いんですか」

「強力な兵器、危ないゲルマン信仰、領土拡大妄想、核爆弾やロケットを作っているところ」

「アメリカはドイツ系って相当、多いじゃないですか、ああいうの利用できないですか」

「それは一番マズイ手だよ。

元々、ナチスは、アメリカで完璧に嫌われてるってわけじゃなかった。KKKとか、ああいう思想に共感する集団は少なくない。

同じプロテスタントだし、金髪の白人だ。

アンチ・ナチスは、俺たちが作り上げたプロパガンダだよ。自由世界を守る為に、だ」

アメリカには、イギリスやフランスのセールスマンが引っ切り無しに押し寄せていた。自由主義戦線へ参加して欲しい。

何でもする。祖国がナチスに犯されそうになっている。あんたたちの戦後の世界覇権は間違いない。何でも好きなことをしたらいい。

第三帝国のイケメン兵士を捕まえて、さらし者にするとか。それをシュワルツネッカーみたいなマッチョが張り倒すとか。

そろそろ、名実ともに世界大国になってみないか。世界中の女が、あんたものものだ。

ここに王冠がある。手を伸ばせばすぐに手に入る。これを被らない手はない。

アメリカは、いつまでも田舎モノでいちゃいけない。王者の風格を見せろ。

 

 

 

 


コーカソイドは、クール・ビューティー。

それは、彼らが他の面で優れているからそう見えるのか、

何の偏見も無い赤ん坊に見せてもそう答えるのかは、不明。

が、欧州の財産は、思想、法律、学問、経済、科学、そういうインテリジェンスだった。

イケメンも、ジャガイモも、同じ兵士、同じ労働者、

そこにいきなりイケメン兵士というコンセプトをぶち込んだドイツは倒錯していた。

いや、確かに技術とかあるけど。

それに、意外とウケなかった。やり過ぎだった。

最もウケなかったことの1つが、アウシュビッツだ。ユダヤ人を詰め込んでガス室で殺す。

何故ドイツ人がそこまで、空気が読めなかったのは不明だ。

邪魔なら追放すればいいし、財産が狙いなら、黙って重税をかけるか、没収すればいい、共産圏みたいに。

広告を非表示にする