読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2:忙しいので書き殴りです、後で直します(すまん)

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

パペット・マペット左翼4


「競争はいけない。経済は悪だから江戸に戻す。江戸の平均寿命、50歳以上は皆殺しです」

「あと何かツッコミどころありますか。おかしいですね。

私たちの中では、完璧な花畑なんですけど、文句のつけようのない」

左翼2は、病弱コンサルを利用しようと考えた。

こういう理屈臭い暇人を相手にし、反射神経を磨き、マミーAをも凌駕する言葉のキラーパス

病弱コンサルは、あんまりしゃべらず、岩女がペラペラしゃべっていた。

自称フェミニスト、見れば分かるのが悲しい。ショートカットに、岩みたいな顔の中年女性。ただ、性格は悪くない、口が悪い。

「例えば、いかにも自分は善人でございという顔をして、障害児の中絶を諌めるのが異常です。

障害児を育てる、膨大な費用はどうやって捻出しますか。その辺の青年を奴隷船に売りますか」

「あんたは社会福祉施設で20人くらい殺した人に似てるね」

「あの人、自分が障碍者福祉に携わって、苦労していたんですよ。その気持ちが分かりませんか。

一生懸命、働いている自分が無駄死にするのはどうしてか。

何故、障害児は、貴族の椅子に座っているのか」

「アンタ最近、日本を原始人に戻そう派ってところの、刺客かい」

「その原始人と日本会議がが大連立すると、どうなるのよ。障害児は、見世物小屋で稼ぐ以外の方法はないよ。

インドには変な乞食が大勢いるのよ。

インドのマフィアは、子供の目を潰し、手を切りとる。その方が同情を買えるからです。カンパで生活費が稼げるからです。

お返しに言わせてもらうと、あなたは、それに似ています」

岩女は、インテリで女だから、口は立つ。辺りのオッサン連中は思った。ここは1つ、黙って拝聴しておいて、キラー・フレーズなんかをさりげなく盗もう。

もしそれが気に入らない主張だったら、後で反論を練るのに使う。

「だから中絶すればいいじゃないですか。どうしても欲しければ止めないけど、

他人の中絶にまで嘴を突っ込んで、障害児の中絶を認めるのは、私たちを否定しているとか、鬼ババとか言う人は、頭がおかしいですよ。

自分で自分の首を絞めていることに気が付かない。

多くの人が障害児を中絶するから、あんたんところの障害児の養育費が何とかひねり出せるんです。

ただでさえスカンピンな財政事情の中で。

障害児の中絶を否定したら、障害児が増えすぎて、嫌気した社会からポイされ、あんたの大切な子供は、インドの乞食になりますよ、と」

この口の悪い岩女に、主婦層から人気が無いのは当たり前だが、政党は分業だ。

左翼ならキャリア・フェミニスト担当、ブス・フェミニスト担当、貧困担当、医療担当など、多くの人が集まっていた。

「メキを追い出したら、自分がメキと同じピーナッツみたいな給料で働かないといけないハメになるってことに気が付かない、トランプ支持者に似た、スカタン脳なんですよ。

世界共通で、その手のは、います。ただ頭が悪いだけで、悪気はない。

値下げ競争で死にそうになっている零細企業と同じよ。

競争に負けた人間が、図々しく補助金を要求する。自分は勝ったんだというツラで。

サッサと廃業してどこかでバイトすれば、自分もラクになるし、隣の同業者はどれだけラクになるだろう。

そこで零細連合みたいな政治に踊らされ、共倒れしちゃうのが、この手のゾンビ企業群なんです。

そんなゾンビ企業が大手を振って歩く社会は、傾くに決まってる。

もっと協力して、効率の良い社会を築きませんか。例えば、あのホワイト欧州で、週34時間労働で1人勝ちしているドイツのように」

地政学的に無理だよ。日本の隣には中国が鎮座する、人民の臓器を、海外要人に高く売っても、どれだけ人々を奴隷にしても、誰にも文句を言われない中国が」

「だからその中国に白旗を上げて、老人票、病人票という大票田を作るのが、左翼だと誤解されています。安楽死、中絶反対とか言う。

で、お荷物を増やして、中国共産党の指令で、日本弱体化を図っているとか言われてます」

「左翼は中絶反対じゃないよ、フェミが生息しているから。ただ、日本会議辺りと連合したらそうなるよ」

そうなったら、フェミニストは、新しい政党を立ち上げるしかないわね、と岩女は思った。

私は岩顔だから、表看板は誰かに任せて。岩女は、政策と、素人に分かり易いフレーズを考えるのが得意だ。

といっても、中絶の下りなんかは、完全に割れるだろう。女の敵は女という形で。

弱者を小数に抑えるべき、という主張は理解されないことが多い。

経済的に見たら完全にそうだ。

病人や老人の、1人は養えても、10人は養えない。

その事実は、大衆の心をつかむ、キラー・フレーズに転換できない。

ひたすら同志を求め、共倒れを望む人が多い。昔から、よくある集団自殺的手法。

広告を非表示にする