すみま千円

クレーム対策でテンプレを変えています。

論壇(ジャーナリズム)自体、変ではないか

日本語と中国語の間の、トラップはすごいです。

漢文を現地語(リズム感=平仄が大事、ラップで韻を踏むライムと同じ)で読まないとか。 だったら、中国人に時事とか教えて貰ったほうがいいと思います。

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

コレとかチャライかもしれないけど、体感的には分かりやすい表現で、中卒の起業家が出てもおかしくない素地はあります。

portal.nifty.com

こういうのは金と時間のかかりすぎる司法試験を諦めるのと同じで、ガリベンするのがバカらしくなります。

 

人名や地域名は、中国語の読み方をそのまま紹介しないと、世界中の外人と全く会話が通じません。

共通発音なのは、ペキン(ベイジン)、シャンハイ、くらいです。

習均平は、シューキンペーではありません。シーチンピンです。

毛沢東はもうたくとうではなく、マオツァイトゥンです。

もうたくとう、誰?あんたのいうこと、分からない、日本人、駄目ね、そうなります。

発音がやや不正確なのは、地域差もあるので容赦下さい。

 

何なら、日本も漢字の簡易体を採用したらどうか。

それはともかく、相互理解とかいいつつ、誤解の溝を放置しておくのは、変でない?

三島賞って何ですか?三島っぽいってこと?

jin115.com

 

 

どこかの文学コミュニティが、ただの安倍叩きになっていますが何故ですか。

アンチ・グローバリズムをむき出しにしたからですか。

 

文学賞受賞者が毎年追加されていって、70歳くらいまで現役でいるとしたら、

文豪の数は元々インフレしていて、文豪の人数自体は減る気がします。

一定の表現や物語のモデルがあればよく、読み切れないからです。

もうそこまでめまぐるしく世相が変わらないし、趣向が総中流から細分化してるし、

素人に身近な表現の戦場もインターネットに移っていたりです。

 

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

私は情報を仕入れるのに、本でもネットでも、どっちでもいいと思います、どっちも使っています。

文学賞向けの文章が、仮に書けたとして、枚数規定の原稿用紙に入れて、コピーを取るのが面倒臭いです。

他の賞に送ってはいけないとか、ネットに発表してはいけないとか、書いてあるそうで、だったらコネ受賞以外になくないか?

すべり止めすら無いってことで、かつ基準が判定不可能です。

落ちたら→次へ送る、というプロセスを無限に踏めば、どこかに受かるかもしれないってこと?面倒臭くないですか?選考期間が、1年くらいあるし。待っている間に、次々に原稿は溜まっていきます。

 

この件で、中国=文学ルートを潰すと、中国の日本支配が共産党ルート一色になり、リベラルは言論弾圧を受けますよ、みたいな指摘があって本当か。

日本語を存続させたい派の中では論壇がもっともマシ派です。

とくに日本語を存続させたい派はではありません、どっちでもいいです。列島内の利権を云々する為の法律用語や生活言語でもいいです。

 

利権については、日本人に自浄作用や、管理能力があればの話です。

政府がグーグルだったりフェイスブックだったら、目も当てられないのと同じです。

アマゾンは昔の郵便局や公立図書館が機能しているから、検討の余地はあるかもしれないが、まあアマゾン以上の満足を顧客と従業員の双方から引き出せるならです。

グローバル企業にとって日本が大した市場ではないだろうし。 

tanaka.hatenablog.com

 

「日本語は潜在的には、世界的に見ても、文化的価値がある」という噂はありますが、ソレを世界へ、どうPRするかというところまでは詳しくはないです。