ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

ネオは放射能で世界を変えるか2

 

コトの起こりは、ネオ福島民が、ウーバーや民泊の要領で、「被災者に空き家を貸してあげて下さい」というサービスを始め、補助金を出して被災者を定住させようという勢力とゲバったことだ。

政治と金の流れは面倒だった。

更地になった被災地で当面、成り立つのは、一次産業しかないが、詰んでいた。

放射能の絶えない地域で、食べ物作って生活していけるか。

事故のことなんかサッサと忘れて欲しい、という東電原子力関連企業が、ネオ福島のスポンサーについた。

ソレが巡り巡って、政界でゲバってしまい、右派のクセに、廃炉廃炉いっとく?みたいな人が勢力も出た。

誰が得したのかよくわからない。


「311が起きたから、もう日本はお終いだみたいな、終末論を流すのを止めろ」という憤り。

可笑しい。

ナガサキヒロシマ被爆者がまだ生きていたか。

そんなの、被爆者の中でも少数派じゃないか。

「福島から全日本へ死体を」という広告を打つNHKかよ。

原爆一発で黙らされたことにいちいち腹を立てる、右寄りの人々に似ていた。

だが、こんなん落ちたら終わりだろ。黙って落穂ひろいでもして寝て暮らそう。

そういう人に全国の空き家提供サービスを提供し、空いた場所には、この北斗の拳みたいな世紀末に憧れる、ネオ福島民が寄り集まってくる。

吉兆か、凶兆か。

 

「広島って観光客いるの?原爆ごときで人来ないよ。よほどマニアでないかぎり。

チェルノブイリの方が、秘境の臭いがする」

チェルノブイリは本当に除染してないから、少数じゃないですか、ウクライナくんだりまで行くの」

「広島は修学旅行利権で食ってるんじゃないの」

ネオたちは、いつも全員、ドヤ顔のプロデューサーみたいな顔をしているとか、

徹夜のゲームクリエイターみたいな顔をしていた。顔というより発言内容がアレだった。

「修学旅行は韓国に取られてるよ。韓国人に足で踏まれて、土下座できるって」
「社会人になる前に一度経験しておきたい焼き土下座か」

こういう企画会議を録画して、ユーチューブで売って副収入を得ていた。

既存マスコミからは無視され、ネオ福島は、まるで空白地帯の更地にされていたが、人々の関心がゼロってことは無い。

あいつら、死ぬのかな、ゴキブリ・スピリッツを発揮して生き残るのかな、って。

「そういう名目で売りだせば、また芽はあるかもしれない、土下座ツアー。それを相互にやれば、ブラック企業を、他人のせいにできる」
「イビリと土下座の蔓延る社会の相互構築かよ。主催者をシメた方がいいだろ」
「そういうの、中国と北朝鮮を何とかしないと、どうしようもない」
「それは無理だから」

世界から客と金を集めるって、大変だ。

中国一辺倒、とかは危ない。何かのトラブルで、引くときは引いてしまい、収入が安定しない。

「同じ被爆地で、広島よりネオ福島に人が来るっていう理由は?」
「広島は、被害者面しても、世界史はもっと残酷で、原爆以上の被害者が多いから、ピンとこないだろ」
「だけど底辺は金持ってないから、狙ってもしょうがない」
「だが、金持ちは金持ちで、被害者には鈍感なんだよ。無駄に罪の意識とか持ちたくないし」

広告を非表示にする