ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

税ペック5


アノニマスは飽きていた。

晒しは、別に大して面白い作業じゃなかった。すぐに飽きた。

金持ちが性生活をバラされるのと貯金額を晒されるの、どっちが嫌だと思う。
損害額って意味か?
大して損害は無いだろ。

倫理の混乱で家や学校の空気が悪くなるのは、算定しにくい損害じゃないのか。名誉棄損とか、慰謝料とかそういうのか。

「それで、晒された奴は利用を止めたの」

「5年後くらいにまた晒されても、フォーブスのトップ100のメンバー大して変わってないんじゃない」

「そうか?政変とか起きて変わるだろ。

ここに載ってるメンバーは、脱税してるってより政変が怖いんじゃないの。だから自分のところの金融機関が信頼できなくてタックスヘイブンに預けてる。どこも財政破たんの噂とか流れてるし」

 

 

「直接的には、

山嵐カンパニーってところに、脱税スキーム教えたのがいけないんだろ。もう俺そんなところ、忘れちゃったよ。俺は顔広いし。

俺は逃げたほうがいいのかな。

お前もヤバイと思ったら辞めても良いよ。しばらく大人しくしていた方がいいなら、そうするし」

ハッピーは浜に投げやりに聞いた。

税務署に目を付けられるのは不吉だ。

彼らは空気でいるうちはいいが、一度食いつかれるとスッポンのようにしつこい。

「さあ。税務署は、あんまり確信ないから打診してくるんですよ。完全に黒かったら、トットと踏み込みますから」

「俺は貯金あるし、もうリタイアしようかな。だけど捕まったら罰金すごいのか」

ハッピーは算段を始めた。

「隠すと罰金がどんどん上がりますしね」

浜も算段を始めた。

 

 


ハッピー社長は会社をたたむ算段を始めた。限りなくクロに近い。

かどうかは知らない。自分の知っている限りで、シロいとは言えない。

浜は今後の身の振り方に迷った。

背後のテレビで、マイナンバー制度がどうのこうのというニュースが流れていた。


税理士はマイナンバ―反対の左翼の集会に、ひそかに潜り込んだりして無いのか。

マイナンバーで脱税屋が困る、税務署の勝利、とか騒いだ奴は少数だ。

みんな疾しいのか。浜は同僚に聞いた。

マイナンバーのコードがヘボイとか晒されてたのは、故障させる為にやってるの」

「あんまり当事者が失業しそうなことは進まないだろ」

「税理士が転職するとしたら、何なの。NHKの視聴料徴収屋?小銭拾い?」

「だから、徴収が資格じゃないから。税務の知識だから」

素人の聞いてきそうなことをギャグにする。誰もが1度くらいは聞かれたことがあった、ソレ利権でしょ、みたいな。税法とか、何も知らない奴だ。

「一回税務署に入ると、税っていう狭い業界でしか動かないじゃん。他のケースは知らん。士業ってだいたいそうじゃない」

マイナンバー導入すると、納税も脱税チェックも劇的にラクになるよ」

「ラクでつまらない世界だな」
「そうか?規定の金を、収めた収めないで揉める時間は無駄だろ」

 

広告を非表示にする