すみま千円(漱石のほう)

レポート置き場かな?宜しくお願いします。事実誤認とか手直するんで、時報ではないです。

お前は美術が全く分からなそうなフレンズだねっていうアレ

 

私も分かりません、すみません。

me tooです。

骨董品は分からないが、美術品の値段を見分けるコンテストなら出ます。

経済学的にいったら、どういう決まり方をするか知らない、オークションサイトの設計か?

例のアレ、こういう感じですか?

浜田あ、〇パクリやんけ?ですか?

media.rakuten-sec.net

「学芸員はがん。連中を一掃しないと」 山本地方創生相 - Google 検索

県立美術館でアルバイトをした経験しかない、こっちの方が詳しいです。

note.mu

 

書いてから詳しいサイトが出てくると、ショボンヌです。

日本中の美術館に、バブル期に買いあさった美術品が、かなり眠ってます。

現段階で、どこまで売ったか知らないですが、これは将来的に、おそらく売られるのではないか。

 

私のアルバトした県立美術館には某世界的有名作家の作品が大量にあって、ソレは某県人と、作家の遺族との、個人的な縁で寄贈されたという説明が、公式にはされています。

 

やり方次第では、むしろ作家の住んでいた、元の国へ返しててしまったほうが気持ちがいいのではないか、なんつって大英博物館か。

泥棒はしてません。一時的に日本の通貨が高すぎただけなのでは。

 

British Museum - Visiting

大英博物館 - Wikipedia

インテリジェント・ビル(?昔でいうデパート)でしてる企画展のお土産は、メッチャ欲しい!てなるが、数はハケないのだろうか。

美術館は非、移動型、たまに閉めて持ち出しなのかは知らん。

画廊は逆に、貸し屋か。最近はカフェ化してんか。

 

 

sekaishinbun.net

文化財返還問題 - Wikipedia

貴重な文化財が一国に集められることで学術的な研究が進みやすいといった点や、原産国が文化財の保護や管理に熱心でない場合もあり、現所有者側が散逸や劣化を防いでいたという点から一定の評価をする意見もある。一例として、これまで大英博物館はエルギン・マーブルの所有を正当化する主張のひとつに挙げていた[3]が、事実ギリシアでは大気汚染によりパルテノン神殿での展示は不可能となっている[4]

 

『返還』という語は、合法性のある文化財については避けられ、文書上は譲渡とされることもある。この点で、両国間で使用される語に齟齬が生じる場合もある[6]。この問題については、所有権についての争いを回避できる永久貸与という形式で事実上の返還を行う場合もある[7]

 

 

>何か見つけたら追加していきます。

koshian.hateblo.jp

 

そういうオーラを放射してるからバレバレだと思うが、

私的には近代美術派で、古美術にほとんど興味はないんです。

っていうポジショントークです!

近代美術リスペクトですが、明治から昭和の画壇もいいです!

 

美術品の鑑定依頼は、ninjaid2000@gmail.comかコメント欄で受け付けます。

祖父が芸大主席、小さい頃に絵画賞常連の遺伝的才能があるだけで、専門教育は受けていないから、真偽は保障しないです。

知り合いの知り合いがいるかもしれないし、また、交通費さえ出してくれれば、画廊に行ってみるなど、紹介できないとは言い切れないです。

ドイツもコイツも詐欺師ばかりで金はふんだくるし、と思っている人はどうですか?

私はIT機材の購入がこういう状態で、詳しい知り合いもいないし、設備投資が進まないです。