読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2:忙しいので書き殴りです、後で直します(すまん)

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

お前は、あり得た人生に興味があるか。

 

そういえばあずまん(東紀浩、哲学者)が、シュミレーションをして、

人々がインターネッツでありえた人生を妄想する病気にかかると、10年前に小説で書いてましたが、東さんがそうなんですか?

東浩紀 - Wikipedia

twitter.com

 

彼は哲学者ではない、と書いてあるが、元がアンサイクロペディアなので、本当か嘘か分からんです。

東浩紀 - アンサイクロペディア

 

これがちきりんさん(コンサル、元マッキンゼーだっけ?)だと、子供が実社会を知ることができていい、となります。この発想の違いは、何なのか。 

d.hatena.ne.jp

 

 

私は自分のあり得た人生なんて、全然興味ないし、かといって、体が弱いで、生殖する気もないです。

村上春樹もありえた人生について何かいってましたが、忘れました。

 

あずまんのSFは、妻を家庭内レイプして、娘が生まれたとか、生れないとか、テロを起こすとか起こさないとか、未来が分岐している危ない小説です。

クォンタム・ファミリーズ | 東 浩紀 |本 | 通販 | Amazon

ただ、彼はエリート男性で、名誉白人に近いですから、生殖についての考え方は、自分と違うはずです(注1)。

 

 

 

私は無駄なことを考えないタイプなので、分からんです。

結果的に無駄だとしても、動機の段階では無駄ではないです。

現実離れしたことが好きな人にとっての理想の人生のありかたは、分からないです。そういう人が何割くらいいるかも、知らないです。

 

 

人生は地図がないとキツイです。

未来が分からないことに興奮する要素はあります。ソレは恐怖のこともあり、射幸心のこともあります。

無益だと、賭博に嵌る人は、一定数います。

有益だと、航海や起業で、社会が進化します。

ただ今現在、地図が全く無いという生き方は許されてなくて、地図無くてよい人がいるという仮定はできないです。地図が読めない人間は、仕方ないですけど、そういう人はいますか。

 

現状、政府サイドの渡してくる地図は、ほとんどの人にとって、間違ってます。線路の先が崖になってます。

あとは民間が適当に、攻略法とか、地図を売りつける合戦になってます(どれが当たっているか、勘で選ぶしかない、サファリか戦場です)。

 

 

セーフティー・ネットを用意するのが政府ですが、保険は駄目なことが分かってる客は入れないです(体の弱い人に、生殖を強要してくるとか)。

このテストが全くされてないし、経営努力もしてないのが日本です。

ただ昔の金山で当てた金がプールされてるだけです。

 

 

 

(注1)このリストは、分からないのが相当混じってるんで、やはり感性の違う人々の集合体です。

Amazon.co.jp: リストマニア

日本やちきゅうの住人に、アカデミーに、どちらの感性の人数が多いかは知らないが、

ゲンロンで世界を動かすのは難しい。

ビックデータは、そういうのを可視化します。

そうすると、票集めに無駄がなくなってきます。

悪利用するか上手く利用するかは、知らんですが。

政治ゴロは、だいたい腹黒いし。

感性レベルでいったら、左翼が世の中を動かさないのもそうですが、ただ右翼はネット工作員が多い噂もあります。

右翼だと、老人の苦労体験に寄生したりとか、左翼だと全共闘の記憶を動員したりとか。

ただ感性が違うから、意見が違うとも限らんです。

広告を非表示にする