読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2:忙しいので書き殴りです、後で直します(すまん)

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

ダンコガイの言うことがイマイチわからないです

私とダン・コガイ(呼び捨て!?)は、同じ新書読みですが、アウトプットの方法が違い、

彼は爆売りで新書御殿(というかすごい新書用の本棚、立花隆のネコビルみたいのです。私は図書館で借りています)を立て、こっちはアクセス乞食です。

blog.livedoor.jp

404 Blog Not Found

 

彼は、ドン・コガイって感じですから、なんで呼び捨てです。

 

ダンコガイにしつもん:シンギュラリティが2045年に起きるとして、人体そのものは、いつできますか? 

AIは、神経科学ではない、人体を捨てたと思うんですけど。

 Linux Kernelのソースコード量にしてからすでにヒトゲノム余裕で超えてるし

 

 

ゲノム=DNAって、リボゾームとか(知らんので、仮名)の中に入ってるやつだと思うんですが、

人体はソレと、他のやつを混ぜて、1兆個(絶対もっと多い)以上集まってできてるんですよね?

製薬業界がこのゲノムと、自然界の物質を掛け合わせて、何か効くのがないか、専用ソフトを使って、高速マッチングでやってるという噂です。

 

私は、どうしても人体を維持しないといけないという信仰はないので、

AIが人を超えようが、超えまいが、究極的にはどうでもいいです。

永続することと、修羅場を見ない事なら、修羅場を見ない方が良いです。

永続することを信仰にしている人もいるかもしれないし、何を以って修羅場とするかも、人によって違います。

 

ただ聖典宗教の目指すのは天国だから、宗教にそういう信仰はなさそうですが(仏教ヒンズー教だと、輪廻転生で、その中にはAIも入りますか?とか新しいのが出てきます)。

そういう意味では、千代に八千代にという神道が一番危険なんでは?

自分で気が付いてないだけで、日本の国歌自体が危険視されてる可能性はあります。

野蛮国家には、自分たちの地域を血で勝ち取った過去しか書いてないですが、君が代は未来永劫に何が何でも生き残るという執念です。

 

逆に言うと、人類の永続をうたって神道を世界にゴリオシするという手口もありそうですが、ユダヤ教も似た感じの可能性はありますけど。

神道はヌルイんで、お守りとして弱いと思います。私は神道ユダヤ教の二択だったら、ユダヤ教にします。シントイズムではないです。

 

以前、ナノテクとかいってて、その実態を知らんですが、

面積にミクロな中にどれだけ情報が入るかっていう。

ソレは集積回路とかUSBメモリのこと?

ナノテクノロジー - Wikipedia

どうやってるのか全く想像つきません。

手動では無理で、ナノミリも狂いのないマシンが扱うのか。

 

 

将棋やチェスで、人間に勝ったマシンは、どのくらいの大きさなのか。

今のロボットは、ヒトに物理的な衝撃を与えて殺すことはできると思うけど、スポーツでは勝てないと思います。チーム・スポーツとか、水泳とか。

人間より強かったら、宇宙とか行けるんで便利でないの。

ロボットにとっての地球は、大して使えないでしょう。

 

 

>脳を再生っていう時点で、駄目でないですか?

techon.nikkeibp.co.jp

脳はチェスをする部位と、モノを観察する部位が湧かれているのではなく、

今のAIは、チェスならチェスに特化した別物です。半導体を集積したのか、分からないですが、相当容量がいりそう。

写真を検索しても出てこないで、予想では京速コンピュータみたいのとクラウドの組み合わせです(クラウドのサーバが、南米の山奥にあるとかいう噂ですが(ガセかも )、

21世紀の戦争では、この手を狙って爆弾を落とすのか)。

 

>マトリクスだと、インターネッツが世界を乗っ取っているらしいです。

oshiete.goo.ne.jp

どっちが先か分からないのは、ハリー・ポッターと同じで、初心者お断りの臭いがスゴイですが、ソレで売れてるのがすごいです。スターウォーズの番号も分からないですが。どうして4から始まったか。

 

インターネッツがウソをついても、目的が不明です。

グーグルは当初、そう疑われたのか、自分たちは邪悪なデータベースではないというモットーを掲げてました。

1990年代、検索エンジンがヤフーしか無い頃は、ホームページの申請と掲載の可否を、スタッフがいちいち手動でやっていたので、今思うと、気の遠くなるような作業で、人件費とかどうしてたのか不思議ですが、それでも儲かるウマイ時期だったようです。

法典の順番には意味がないが、検索エンジンの順位には意味があります。