ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

電子マネー買いますか?

中国が、既に電子マネー大国なのは、本当ですか?

blog.livedoor.jp

ninjaid2000.hatenadiary.com

airstair.jp

 

中国は偽札多いのと、汚職が多かったりして、電子マネーの普及が早かったようです。

が、中国の金融というのは、誰がどこで何を運用しているのか、分からない状態です。

シャドーバンキングありーの、

証券と銀行は分離されているかどうか?など。

blogos.com

グラス・スティーガル法 - Wikipedia

 

シャドー・バンキング・システム - Wikipedia

www.newsweekjapan.jp

 

現金無い=金融政策なくなったとか、貿易で決済はどうしているとか。 

ninjaid2000.hatenablog.com

 

ビットコインはどうやって使うんすか?

投資用だけど、電子マネーとしてチャージしたり、換金所があるのか?

jp.techcrunch.com

ethereum-japan.net 

xn--eck3a9bu7cul.pw

 

>札の処理について悩んでいた時に入ってきたニュースです(情報、遅い人)。

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

コレはコレで、面倒くさいと思うけど。

私は交通系のカードをよくなくすんで、全部、小銭で払ってる人です。

小銭を崩すのが面倒くさいから180円を200円で払っていて、ただのバス会社へのお布施です。

前にバス停でカードの種類を見ていたら、

スイカとかイコカとかあるんでどこか、アホカとか入れるかな?と思いましたが、そういうノリだと、使って貰えないですか。

 

xn--t8j4aa4nyhxa7duezbl49aqg5546e264d.net

諭吉の顔を、折るの、昔からあります(明治の頃からやっていたはずですが、1円札とかで)。

そのくらいで、過疎った地域へ面白い人が集まると思うのは甘いです。

togech.jp

一円券 : 日本銀行 Bank of Japan

aucfan.com

 

旅行中の日本は中国と比べて老人が多いので、新しいインフラが普及しにくいと思われていますが(地元のバスカードは、普及させる為か何か知らないが、大名カードとかいう半額カードでした)、

ハイテクは疲れているときはキツイです。

海外旅行の、トラベラーズ・チェックとかは、かなり面倒くさかったです。 

takahirosuzuki.com

上記、「現金は、無くしたら最後、戻りません」て。

電子マネーは、色のついたお金だから、詐欺のクーリング・オフとかするつもりですか?

 

 

ただ、中国は独裁なので、人権派弁護士が拘束されたりするのと同じで、電子マネーの強制が人権侵害になり得ると思います。

全てを電子マネーにしたら、効率はいいかもしれないが、恐怖政治が伴います。

当局が生活インフラを止める権利を持っているので、現金なら少なくとも持っていれば、没収は許されないが、中国にはそういう法律が整備されていないからです。

www.huffingtonpost.jp

ninjaid2000.hatenadiary.com

先進国の金融スキャンダルみたいなゴタゴタは、無いんで、効率はいいだろうけど、

その恐怖政治を伴うシステム自体が、どうなのか。

世界金融危機 (2007年-) - Wikipedia

本当だとしたら、欧米は黙っているのか、実験台にしているのかは、不明です。

実験台にするには、同じ法制度でやらないと実験にはならないんで、欧州がそういうのをやってるみたいです。 

dent-sweden.com


>クレカとブロックチェーンは、全く別です。

ICカードについて0からわかる!」

¢ŠE‚Ì“®‚«
ただ大勢の市民が、カード決済の使い勝手を覚える面はあると思います。

>ブロック・チェーンは、電子マネーにしか聞いたことなかったんですが、

そこへ誰がアクセスしたかわかる状態になっているということでしょうか?

www.nttdata.com

エストニアGuardtime は政府と協力して健康記録にブロックチェーンを利用しているほか、NATO などの組織とも契約している。

 

上記を見ると、中央銀行がなくて、金融政策、利子操作とかがないです。

その仕組みは、人々の将来期待が薄い、低成長時代にあっているのかもしれず、前に、誰かが負の利子とかいってました。

マイナス金利 - Wikipedia

人にお金を貸して利子をつけたい場合、個人間で勝手に設定できるのか。

アメリカは後追いと書いてありますが、

ドル覇権やって金融利権が大きくなりすぎて、後始末に困っているのか。 

www.nhk.or.jp

news.vesta.onl

 

日本だと前に、沖縄かどこかの円天という架空通貨が、つぶれていましたが、

当時はこの技術は使ってなくて、勝手にクーポン(商品券?)みたいの出して失敗しただけだと思います(それ自体、合法かどうか知らないんですが)。

blogos.com

matome.naver.jp

電子マネー金融工学と同じレベルの空上げ、という可能性もあり、わからないです。アメリカが世界の人身御供になったように、中国が人身御供になる、かもしれないし、規模でいったら、日本は脇役です。

「☆仕手株の見つけ方と売買のタイミング」kabukabumanさんのブログ(2013/07/11) - みんなの株式 (みんかぶ)

金融工学はこの先も、部分的に使われると思うし、別に陰謀とかではないと思います。

金融工学 - Wikipedia

 

>医療財源がないから、優位性としては、ナチス・ドイツや371のようなものを想像してしまうんですが、

外資が噛んでたりは、しないんで、中国政府独自なんですか?ちきうは密猟でよくモメてますが。

斉藤久典 @saitohisanori 7h7 hours ago

中国が国策としてテンセントのようなIT企業を守ってきたことは明らか。そして、もうひとつ医薬品についても中国独自の企業を守ろうとする姿勢を感じる。IT、バイオテック、そして決済などにかかわる新たなマネー…このあたりは熱い状態が続くと思う。

 

 

 

 

>先進国はきっと、惰性で使えない老人が多いんで、

新興国はまだ若い人が多いみたいです、一歩遅れて高齢化。

国内の通貨と、貿易通貨を分けるのかな?

江田三郎:2016/06/05(日) 09:11:27.02 id:CAP_USERhttp://www.asahi.com/articles/ASJ5F5GZLJ5FUHBI01D.html

中国に驚異的な速さで、本格的な電子マネー時代が訪れつつある。ネット通販から始まった
IT大手の決済サービスは実店舗へも広がり、取引額は日本の数十倍とみられる。中国の既存金融機関の不便さもあり、
金融とITを融合した新サービス「フィンテック」の優位性が際立っている。
 「財布の中身は気にするな、スマホの電池が足りてりゃ良い」。浙江省杭州。ネット通販最大手、
アリババグループが本社を置くこの街に、こんな言い回しが生まれている。市内の隅々まで、
電子マネー「支付宝(アリペイ)」を使える仕組みが行き渡り、スマートフォンさえあれば支払いが済むからだ。
飲食店では一人が代表してスマホで支払い、その後全員がやはりスマホで代金をやり取りすれば、現金を介さずに「割り勘」にできる。

 アリペイは2003年、アリババが始めた決済サービスだ。当初は始まったばかりのネット通販を補助する仕組みだった。
「お金を支払ったのに業者が商品を送らない」といった問題を解決するため、アリババが間に入ってお金を電子マネーの形で預かり、
商品の受け渡しを待ってお金を動かすようにした。
 アリババ以外のネット通販にも使われるようになり、アリペイの口座数も急増。09年からは携帯電話からの支払いもできるようになり、
口座数は4億5千万を超える。アリペイ運営会社は未上場だが、企業価値は600億ドル(約6・5兆円)と、中国の大手国有銀行に並ぶとみられている。

 最近は、ネット通販から実店舗へも活用が広がっている。大手スーパーやコンビニではレジに
専用のスキャナーを備え、利用客のスマホから支払い情報を読み取る。小さい商店や屋台でも、
2次元バーコードを印刷した紙を置いておけば、客がそれをスマホで読み取ることで支払いができる。
アリペイ運営会社の朱以師・広報担当役員は「自分もここ半年、現金を使っていないよ。間もなく北京や上海も同じ状況になる」。

 

電子マネーが問題無いとすると、札は流通させるサイドの管理が面倒くさそうです。

www.rakuraku-boeki.jp

金融政策が無くなるから、トランプがケインズとかいうんだろうか。

ケインズ=技術革新だし、

金融政策=起業、消費促進だし。

 

 

最近、アリペイが日本に進出してましたが、メリットが分かりません。どれでもいいなら、日本人が中国企業電子マネーは使わないんで、天安門を検索したら財布が飛ぶ、と思ったら、

1、中国人観光客向け

2、中国製品を安く買える

らしいです。

xn--n8jlg2057dnf8a.jp

lxr.co.jp

そういえば昔、クレジット・カードがビザとマスターしかなかったのは、西洋人が金を持っていたから、という理由なんだろうか?