すみま千円(漱石のほう)

レポート置き場かな?宜しくお願いします。

プログラミング教育にモノ申した

 
  1. 前職でプログラミング教育の営業を少しやった事があったけど、年配の方には「プログラミング教育の意味?なぁに、家庭科の授業と同じです。食卓に出された物をふんぞりかえって食べてるだけじゃ感謝の心も芽生えず社会のしくみもわからない。ITも自分の手で学ぶのが大事なんです」でイチコロだった

  

エッどうしてお年寄りにプログラミング教育の意味を教えないといけないんですか?

自分が子供向けの教育を受けるでもないのに?

コレ、経団連のお偉いさんとかか。

お年寄りがITを使いこなせるようになる、ではないんですか。

 

お年寄りがITを覚えて、少しでもキャッチアップすれば、年金終了後に微銭が入るかもしれない、そういう局面です。引退したお年寄りは同世代みたいに競争相手ではないから、下の世代にとって安心できる相手である可能性はあります。詐欺するほどの頭もなし。

 

コレは逆だし、他の人もそうではないか。

  • Replying to
  • これを言うと「そーなのよ、うちの娘も寝っ転がってLINEやるばかりで……そうね、自分でしくみを知るのが大事よね…」ってなっていらっしゃった。自分の手元に来るまで色んな人が関わってて、作る人の苦労があってこそ今ここにあるのだ、という意味ではお料理もアプリも一緒ですと説明してたっけな

 

 

まず自分のスマホやパソコンを与えて、コレはどう動く、だからこういう仕組み、の方が覚えやすいです。投稿できなかったり、接続できないことがあるのはどうしてか、

何か起きるたびに、どんどん調べてしまいます。そんなのQAサイトとかにいくらでも載っています。

 

上記のツイートは私が子供の頃に、インフラに感じたことでした。

電車、道路、水道、作ってる人がいるの、すごいって。

ソレは「働くおじさん」ていう教科書に載ってて、だから結局、日本人があまり製造に携わってないのが原因かもしれないです。

ソレか、アメリカのIT企業が設計して、各国の工場の人が作っています、と教えてしまうか。

工場や道路は、もうメインの産業ではないかもしれないが、「働くおじさん」は分かりやすいから載せていいと思う。

 

 

あと、プログラミング教育って、こうらしいです。

つまり「ああしたければ、こうする」というかなり危ない思想です。

コレはこのサイトがどうとかではなく、どのサイトを見ても似たようなことが書いてあります。

dany1468.hatenablog.com

コレはもちろん、プログラミングの根幹ではあるけれど、人に対して「ああしたければ、こうする」という短絡的な人が増えています。

私はこういうイジリを街中で実際に受けたことがあるし、

「プログラミングは機械相手で、人相手にはこうはいきません」と言わない限り、

この手のイジメが蔓延るのは容易に想像できます。

しかもイジメと思っていない可能性がある、学校で教わったんだし、みたいな。

現実の人を動かすのは、ノウハウが違う、プロセスが違う。何のノウハウもないのに、人を動かすことができると思い込んで、見当違いの行動を取る人がけっこう増えています。