すみま千円

クレーム対策でテンプレを変えています。

嫌わるのって怖いですか?

 

 

人から嫌われたくないと思ってる人にありがちなのは、誰に嫌われてもよくて、誰に嫌われるとマズイかの基準がないから、全方位にビビリで削られていって魂が抜けていそうです。

 


他人に嫌われたときに、必要なのは分析とリサーチ能力ですが、コレを全部、自分でするのは若い人には難しいか?

 

1、どうして嫌われるか。

1、自分を誰が嫌い、誰が嫌っていないか。

1、自分を嫌いという人が、どの地域で、どの程度のマーケットを形成しているのか。

1、嫌われる要素を他で補って、自分の印象を変えられるか。 

 

40歳以上の人は、世の中の、10人中9人くらいはバカにしています。

表には出さないけど、切っていい人と切りたくない人がハッキリしている。

それをいちいち口に出しているうちはガキです。

インターネッツには本音があふれている為、ムカつく書き込みを見たときは逆上する前に、コイツのどこがムカつくのか分析すると、今後の役に立つ気がします。

 

多くの人に好かれないといけないと思っているのは、10代の人くらいです。

世の中、利害が100パーセント一致する人はあまりいない、ロクでもない人と相性の悪い人が大半です。

 

 

就活の面接官は、ただの面接官で偶然、その椅子に座っているだけで、

下らない人間かもしれないし、人望の厚い人かもしれないが、どうせ、その企業に入らないなら一生関係のある人ではないから、ETCやパーキング・メーターか何かと思うしかない。

 

最近、圧迫面接情報などが普及して、選んでやるというふてぶてしい学生さんがふえたようで、逞しくてなによりです。

というか、圧迫面接は根性を試しているだけなので、へでもないという顔をしていたほうが、受かるそうです。

 

 

っていうか、何でこれ書き始めたのか忘れました。

40歳手前にもなって、コッチが万人に好かれたがっているという想定外の態度を取ってくる頭の悪い年上が多過ぎて困っています。

だから、そんなわけ、ないだろう。

就活で100社とか落ちて、それでも全ての人に好かれないといけないと思っている人は、自殺する以外の人生がないですよ。

本当は死んでほしいのかもしれないけど、だったら、お前が死ねば?チーン。

 

 

とかいう態度で返すと、圧迫面接の法則で、よけい粘着してきて鬱陶しいですか。

 

人生相談って、インターネットでやると嫌な人やロリコンが寄ってくるので、相談に載れるという人は堂々と顔出しでやったほうが、

本当に儲かるかどうかは知らないですが、聞いたことが、あまりないから。

 

「易者」みたいにして出しても、寄り付きにくいような気がします。

「カタ屋」みたいにして子供がよってきたのは昔の話です。

最近のストリートは無菌化している。大企業か何かでないと街角には立てない。

一応、警察に許可を取れば出せるらしいが、何の名目で出すと許可が取れるのかは知らないです。そのうち調べて見ます。

 

昔、〇〇できる商材、モテる商材などが大量に売っていたノリなら普通にいそうではあります。

マーケティングとか顔を覚えられたいとか、困ってる子供はいねがー、とかいう人向けですか。

インターネットなら、QAサイトは荒らしは書き込めなくて、洗練されています。

 

 

鈍い人は何言われても平気なんですけど、生まれつき神経の細い人は、ココは他人に負けん、というポイントを作らないと、難しい気がします。

 

 

>タイトルで使ったコレ、読んだことがないんで、中身が分かりません。読んだ人、どうですか?

Amazon CAPTCHA

嫌われる勇気 - Wikipedia

2015年舞台化された[1]

2017年には同書を原案としたテレビドラマフジテレビ系で放送された[2]

>見た感じ、駄目なノリでした、なんでこのコンテンツはオリジナルです。

嫌われる勇気が駄目だった人向けです(対立候補)。

biz-shinri.com

猜疑心は、こう詐欺の蔓延る世の中、大事と思います。

実家を住処にしてるのは、単に体力と金と技術の積み上げがタリネーゼなだけで、

状況がまずくなったら、まとめて金主の行脚くらいします(受験の下見と本番で泊まった感じで、イベントは同時多発的に起きないから、ドヤで寝るか?誰かとめて?)。

結婚とか本気でシタクネーゼ、ことゴリオシが流行中のクソカッペー村では。

 

嫌われる勇気は、カツマーの断る力の元ネタな気がしますが、違いますか。

カツマーは、ビジネス文脈で見たら、ゼネラリストの否定なのか、女=便利屋化の否定なのか。

www.bunshun.co.jp

career-adviser.com

>コレも当てはまらんです。

Amazon CAPTCHA

人生がうまくいく人の断る力 単行本(ソフトカバー) – 2016/6/27

大文字のタイトルだけ見たら、カツマーのと同じです。

ですが、書いてあることのことごとくが、カツマーを否定してないか?気のせいか?

こういう便乗商法があると、本人が、うかうか引退できないような気がします。

www.nikkeibp.co.jp

 

どこかのタコサイトに、結婚相手は3高がいい、というデータがあったとして(3高は、バブル用語)、 

それは業者がやっていて、それは他人の好みなので、あなたは無理に影響を受ける必要がないし、生活のパートナーがほしければ、参考にしてみたら?くらいです。

最近はこういうのもタコスケのしている少子化対策費用の不正受給によった粗雑な記事の濫造で(本当か)、真に受ける人も少なくなってきて何よりです。

 

 

日本に人種が少ない(98%は日本人)からゲバがないとは、全く言えません。

人種差別主義者のほとんどが、他人を見た目で差別しているか、

日本人というだけで他人の上に立ちたい人かのどちらかです。