ちきうアネクドート

仕様でどうしても消せないが、リンク先の婚活業者はココとは無関係です。

他人に感謝を表明すると危ない社会化

 

日本で、すみません、は言ってもいいけど、迂闊にありがとうはいってはいけません。

日本でタチの悪いのが、一回感謝したら最後、ありがとう地獄に突き落とし、一生、恩着せがましい連中です。

海外で一回謝罪したら、永久に賠償地獄の、日本版です。

 

海外であやまるのがマズイのは、自分から非を認めたことになるからです。

日本でありがとうがマズイのは、自分から服従を認めたことになるからです。

外人だって、通りがかりの親切や、対等な人間関係で、センキュー、エクスキューズ・ミー、くらいはいいますが、私はこの感覚しか持っていません。

 

外人の場合、目上の人に、ありがとうといったくらいで、お前、今感謝したよな!?したよな!?感謝してるんだから、これくらいのことして当たり前だよな!?という無限要求のブラック地獄に変化していくことは、あまりありません。

 

タチの悪いのは、既得権益層に、この自覚がないです。

自分が日本の家父長制度や年功序列のピラミットに組み込まれるのが当たり前だったから、

昔の俺と同じようにお前も俺の奴隷になるのが当たり前、という図々しい既得権益層が多いんで、ハア、アンタには感謝してませんけど、という以外に、この奴隷扱いを逃れる方法がないです。

 

他人に感謝しない社会を作っているのは、こういう押しつけがましい連中です(ありがとうの空洞化、逆効果)。

押しつけがましいというより、上のように、法廷戦術では謝罪したら負け、というのが、雇用関係では、感謝したら負け、になっています。

底辺の態度が悪かったり、空気がクリーンでないのは、こういう欺瞞のせいです。

 

 

私は普段、ありがとう、すみませんが口癖の、ニャーン、ニャーンが習い性ですが

それは相手と信頼関係があり、よけいな圧力がかかってないからです。

 

ありがとう要求野郎パート2:

ソイツ(仮)は、他人に感謝されたいと思ってる時点で痛々しく、浅ましい人で近寄らないほうがいい人かもしれません。

この文脈だと、感謝されないといけないのは、底辺です。

人から感謝されないとやってられないような、人気薄だったり薄給の仕事をしている人には、支えられている私たちは、感謝しないといけないかもしれません。

ですが、上層部はノブリス・オブリージュで、高い倍率のところへあえて突破し(辞めても、お前の代わりは誰でもいます。逆に底辺の方が、あなたの代わりは誰もいない、状態なんでは?)、高給をはみ、名誉を得ているんだから、社会奉仕、ハード・ワークは当たり前といえないことはありません。

 

公職についてる人が特権で集めた情報を(プライバシーに抵触しない範囲で)タダで出し、少なくとも本人には返し、社会効率を上げるのは使命です。出してやった、という態度はいただけません。

それだけ社会の上層部を買い占めて、庶民が感謝しねえ、とかいうのはアホでないか?

隠匿するから、自分たちの仕事を他人に理解してもらう努力が足りないんでないか。

一応、役所に倒れて欲しくないんで、何とかして欲しい派です。

公官庁のサイトとか、アクセスできる層とかはいいと思います。

 

彼らが保身に走ったり、庶民を嫌う原因で、自分たちが余計なことをやらされてる怨念ループがあるんではないか、誰も得しないゲーム化していないか。

日本の少し上の世代は、他人の能力をリスペクトせず、識別能力もなく、上の地位の人にペコペコしている米つきバッタ集団です(影ではもちろん、悪口のバッド・ループ)。

 

私は1番ゴッコの効用なんて、この程度にしか思いません(人生が生まれつき、ラクゲー過ぎる人向け、尻叩き)

ninjaid2000.hatenablog.com

才能のある人の学習意欲を重視し、飛び級など、エリートが無駄なく快適に仕事ができる社会になって欲しいくらいです(適当)。

広告を非表示にする