すみま千円(漱石のほう)

レポート置き場かな?宜しくお願いします。

日本のSNSどうなってしまうん?

フォロワーの数は、向けられている銃口の数である、と言った人がいました。

日本の情報インフラ潰さんでくれ。

jin115.com

 

ツイターの日本語パートは一時期、潰れかけていました。

日本語のツイターの本社はシンガポールにあり、日本市場は広告が売れない場所だからだろうか。

 

news.mynavi.jp

 

 

ツイターは元々、口の軽い大人がビジネスにつかっている、しょうもない場所でした。

もちろん、フォローしたくないアカウントは、フォローしなければいい、

何か面白い、と思った人のアカウントだけフォローすればいい。

 

例えば、「堀江さんが村上さんにリツリートしました」なんてのは、面白いから見ているが、コレは大人の有名人同士、ビジネスマン同士の会話だから、面白い。

コレが、子供の友達だったら、全く意味のない情報です。

他人の会話 「さとしくんがミクちゃんにリツリートしました」とか、見たくないらしい。心が乱れる。

 

ひろゆきが神格化されていた初期の2ch、内部告発も混じっていて、漁っている人はいたようです。

汚い書き込みで埋まっているのを、まとめサイトにしたんですが、まとめサイトは政治利用されている上に、当初は汚いエロ動画とかのっていて悲惨だったんですが、免疫ある人はバイアス修正して拾っていました。

 

私は元々、かなり慎重なタチで、あまり決定的に憎まれるような発言はしていないような気がするし、そもそもフォロワーが極度に少ない。

 

ですが、自分のアカウントが、ツイターに表示されないフォロワーにフォローされていて、投機や架空通貨に使っている人がいるみたいな嫌な噂を入れてくる人がいたので、

私用の備忘録で、私の社会にたいしての意見表明ではない、注意書きをして、赤ちゃん言葉でつぶやくという、アレな状態になっています

 

ninjaid2000.hatenablog.com

最近アカBAN、されてしまいました。なんでやねんねん。どこにアカBANされる要素があるか、誰か教えて下さい。切実。

twitter.com

各人の利用目的が混ざったままなのを、日本語のツイターは放置しているのだろうか?

 

英語のツイターを使える人は、洗練度の違いに驚くはずです。

日本語のツイターは、あまり収益が芳しくないもんだから、仕様がヘボくさいか。

 

英語のツイターは、自分の発言がに、まだ自信のないうちは誰にも見えないようにしたり、

また教育の一貫で、これって発信しても大丈夫だと思うか、誰かに聞いたり、そういうことができるのではないか。

 

ツイターってひろゆきに言わせると表通りなんで、言ってないけど。

どっちもゾーニング無くて、利用目的が滅茶苦茶で汚いんですが、

ナオンの裸と幼児の裸とオッサンの裸と、大量の札束と不祥事が並んでるみたいな。

でも、みんな見てるから、密室で誘拐とかは起きない。

ってゆろゆきがいってたお?(2chの正当性について)

 

相手によっては、異人さんに連れられて行っちゃった♪、状態になるんで、誰にも告げないまま、会いに行くんは、止めた方がいい場合もあるようで、

昔の変な雑誌で、テレパスしましょう、とかいう投稿が多かったらしい?

昔あった童謡の歌詞です。

赤い靴 - Wikipedia

座間の事件を受けて、ネットは怖い、知らないひとと会ったりするんでしょ? と語るタクシーの運転手さんが、昔の文通は良かったですよ、私も高校のころやってて、相手が10人にもなってね、○○(東海地方の地名)まで会いに行ったり……と言っててどう答えたもんかというところで目的地に。

 

 

昔、郵便や通信の安全を担う、これはITと似た生命線でした。

こういう感じですか?

matome.naver.jp

 

 

通販や宅配事業者は、物流インフラとして信頼されています。

過疎地は切り捨てというより、あまりにもお届け費用が高騰するなら、空き家でも斡旋したらどうか。どういう産業形態と連携なのか知らんけど。

過疎地に人を入れておく意味があるなら、国費でなんとかするしかないだろうか。

 

いくつかの買収失敗例に見るように、日本人が国際物流を担うのは、あまり歓迎されていない。それか、根回しというか、相手方と信頼関係を築くのが下手かです。

 

世界一周、99万の旅なんてのは、本来、知り合った外国人の学生とずっと、文通やネット会話ができます。

ああいうところにでくる人は、教育を受けた学生だから、だいたい同じ身分なんだろう。もちろん、相手が違う人になってる可能性はあります。

したら、そんなに嘘臭さがないのは逆に、インスタ交換(現地の写真)ですか?ソレ、北朝鮮の取材旅行と同じですか?

 

インフラの改革者がトリッキーな手法を取らざるを得ないとか、インフラ担当者が頑迷なことがあるのは(郵政民営化やIT革命など)、不可避だろうか。

「基幹技術が、やっぱり海外経由だった」「下の世代の話を聞かない」「本当の意味で実力社会でない、因習が多い」みたいのはよくなかったんだろうか。